離婚時の引っ越し費用はどっちの負担?お金がない場合はどうする?

離婚が決まればどちらかが家を出ていきますよね。

またはその家が持ち家なら売る。
賃貸なら両方が引っ越しをする

このどれかに当てはまると思います。

離婚してそこにいる場合は近所の目もあるので、両方が新しい土地でやり直すのが一般的でしょうか。

私の場合は、離婚して私と子供たちが家を出て行ったあとに、元夫が再婚をしてそこに奥さんが引っ越してきました。

近所でもうわさになっていたそうです。

私も近所に友達がいたのでそんな話を聞きました。

新しい奥さんはよほど根性のすわった人なんだなって思いましたけどね。

今回は離婚が決まれば引っ越し費用はどうなるのか?
お金がない場合は誰が出すのか?
についてまとめてみました。


引っ越し費用は誰が負担する?

普通は、離婚の話をする時に、引っ越し費用や養育費、慰謝料、財産分与などお金に関する事は事細かく、離婚届を出す前にすべて決めると思います。

もちろん親権や養育権なども含まれています。

それらすべてが解決しないと離婚届は出しません。

どちらが悪いかにもよりますけどね。
一方的に、相手に非がある場合は全て相手が出す場合が多いでしょう。

家も場合によっては、相手が出ていくケースもあるかもしれませんね。

そんな時は自分が悪いのだから引っ越し費用も全て自分で何とかするでしょう。

でも話し合いでお互い性格の不一致が原因で離婚する場合は、全てが折半となるケースが多いようです。

私の場合は、私が子供たちを連れて家を出たので、引っ越し費用は全て私が出しました。

その時は少しでも早く家を出たかったので、引っ越し費用を出してほしいとか言ったらまた話し合いがこじれそうで嫌だったからです。

その他の財産分与は終わっていたので、その中から引っ越し費用を出しました。

新しい引っ越し先は一軒家だったので、敷金がやたらと高かったのですが、それも元夫には言いませんでした。

元夫も私たちがどこに引っ越しをするのかなんて興味ないみたいだったし、聞きもしませんでした。

結局、私の場合は引っ越し費用に関しては、全て私が出したことになります。

これが正しいのかどうかはわかりません。

離婚するのだからその一部だといえばそうかもしれませんが、どうしても出ていく方は自分の事は自分でするのが当たり前のような感じがその時はしていました。

もっと上手に損をしないように離婚をしようと思えば、引っ越し費用を出してくれるまでは離婚届を出さないとか、財産分与の中に引っ越し費用も入れてしまえばよかったのかもしれませんね。

家は誰のもの?

もし持ち家があれば、それも不動産屋さんに査定して半分ずつします。

お金が欲しい人は家を出ていく代わりにお金をもらう。

家が欲しい人は出ていく人にお金を渡すって感じです。

私の場合は元夫の両親も住んでいたし、1/3がおじいちゃんの持ち分だったので、残りの2/3の半分のお金をもらいました。

これが財産分与です。
車も査定して半分の査定額をもらいました。

車は本当は使う頻度の高い方がとる事が出来るのですが、3ナンバーだった事もあり維持費がかかるので、それならお金をもらって軽自動車でも買った方が経済的だと思いました。

離婚の順番は?




離婚する時は、順番を守った方がスムーズに行きますよ。
まず離婚の話し合いが始まり、離婚すると決まっても慌てて離婚届を出してはいけません。

まずはすべての資産を査定して財産分与して、もらうものは全てもらってください。

引っ越し先を決める

それから引っ越し先を探します。

この時は自分が働いている時は職場に近い方がいいですし、子供がいるなら転校も視野に入れて引っ越し先を探してください。

特に子供が通う学校の評判はよく聞いた方がいいです。

私も地元の不動産屋さんに行って学校の評判を聞きました。

離婚した時期にもよりますが、子供が小学生なら6年間、それから近くの中学に通うなら全部で9年間お世話になる学校です。

あまりガラのよろしくない学校には通わせたくないというのが親の心情ですよね。

また中途半端な時期に転校をするといじめの対象になります。
一番いいのは新学年が始まる時です。

その頃は、親の転勤で転校してくる子供もいるので転校生が多いからです。
一番キリのいい時期です。
それまでは離婚を待った方がいいでしょう。

引っ越しをする

引っ越し先が決まれば荷造りをして引っ越しをします。
私の場合は、元夫の両親が同居だったので私たちが使っていた冷蔵庫や洗濯機を持っていく事が出来ませんでした。

本当は、ここでどの荷物はどっちのものかハッキリした方がいいです。

私は財産分与してくれた中から引っ越し費用、冷蔵庫、洗濯機などの家電など全てを買ったので結構散在しました。

こういうお金も本来なら話し合いで折半しておいた方がいいですね。

でも相手にしたら「お前たちが使うものは自分で買えよ」って言うのが本音かもしれません。

私は心機一転もあったので、全部新しいものを購入できて気持ちよかったですけどね。

離婚届を提出

そしてそれらが全て終われば、いよいよ離婚届を出す事になります。

離婚届を役所にもらいに行くと「失敗したらダメだから」と余分にくれました。

役所の人も気を使ってくれて、可哀想な目で見られました。

離婚届と同時に転居届も出すので、それまでに引っ越し先を決めておいた方がいいでしょう。

母子家庭になる人はそれから各種届の方に行って受けられる国の補助の書類を提出します。

これがまた多いです。

同時に国民健康保険にも入らないといけないので書類だけでもすごく時間がかかります。


お金がない場合

引っ越し費用がない場合は、お互い話し合って出し合うしかないですよね。

でもそもそもギャンブルや浮気していたり、散在しているような場合は財産分与どころかまったくお金がないという事も考えられます。

そんな時は親や兄弟に借りるか、役所に行って相談するしか方法はないですね。

親は別として兄弟にお金を借りに行っても、まず貸してくれません。

私は離婚する時にお金を借りにこられたら嫌だからと、たった一人の姉に先に縁を切られました。

財産分与のお金があったので、お金には困っていなかったのですが姉夫婦が勝手にそう思い込んだみたいです。

私が離婚の報告をした時に「もうあんたとは縁を切るから、二度と電話もしてこないで」って言われました。

親はもうその時は他界していたので、誰にも相談することもなく誰にもお金を借りることもなく、すべてひとりで乗りきりました。

お陰で強くなりましたよ(笑)
と同時に人間って冷たいなって感じました。

離婚は人生の中でも最大に悩む事ですよね。



その時にだれも相談する人がいないのは本当につらいです。
なので普段から何でも話し合える親友を作っておいた方がいいです。

そして困った時はプロの弁護士さんに相談してください。
お金はかかりますがいいようにしてくれます。

まとめ

今回は私事が多くなりましたが、離婚時の引っ越し費用はどちらが出すべきかについてまとめてみました。

一番いいのは離婚したいと思ったら弁護士さんに相談する事です。

かならずあなたの望むとおりの結果に導いてくれますよ。
その時は離婚専門の弁護士さんにお願いしてくださいね。

弁護士さんも専門があるので離婚専門でないとよくわからないといわれる事がありますからね。

今回の記事が参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です