離婚して後悔しているへ!復縁したいならこの方法を試してみて!

離婚して後悔している人は多いのではないでしょうか?
特に勢いで離婚してしまった人。

離婚して後悔してしまう原因は、相手の事を本当に嫌いになっていないのかもしれませんね。
その場の勢いで離婚届に印鑑を押してしまった・・・

そんな時は後悔先に立たずですが、どうしても復縁したいなら方法があります。
今回は離婚して後悔している人に、うまく復縁できる方法をお伝えします。

勢いで離婚してしまう原因

本気じゃないのに、つい勢いで離婚する事になってしまった。
「こんなはずじゃなかったのに!」って後悔した経験はありませんか?



友達同士の喧嘩で「もう絶交する」ならすぐに元に戻ることも出来ますが、離婚届に印鑑を押してしまえばそう簡単には元に戻れません。
そんな離婚は以下の理由が多いと思います。

相手の浮気

相手が浮気して「もうしないから。許して。」って言われても許せなかった場合。
「まだ好きなんだけど、どうしても浮気したことが許せない」

そんな気持ちを抑えきれずに、勢いで離婚した場合、そこまでしなくても良かったのかなと後悔する事がありますよね。
まして、子供がいた場合は子供のためにも自分が我慢をしたら良かったのかもと悩んだことがあるかもしれません。

親の事

自分たちは仲がいいんだけど、親が間に入ってきて二人の仲がこじれる事もあります。
私もそうだったんですが、夫婦の仲は悪くなかったんです。

でも姑が間に入ってきて私たち夫婦が揉めるようになった事が原因で、私たちはだんだん仲が悪くなっていきました。
「子供を連れて親と離れて別に暮らそう」って元夫にいいましたが、元夫は理解してくれませんでした。

それがきっかけとなり、元夫の事も信用できなくなり私たちは離婚しました。
でも元夫の事を嫌いではなかったし、子供たちの事もあるので「これで良かったのかな」と迷う気持ちはずっとありましたね。

子供の事

子供の教育方針の方向性が違うとかで毎日、喧嘩が絶えなくてそれが原因で離婚してしまうという場合もありますよね。
お互い、子供の事が一番なんですがなぜかすれ違ってしまう・・・

こんな離婚の時は、自分だけが我慢をすれば家庭が円満に行ったかもしれないと後々ずっと後悔すると思います。
子供のためにも父親は必要だし、母子家庭で貧乏な暮らしをさせるのは可哀想だという気持ちもありますからね。

価値観の違い

離婚理由の第1位は「性格の不一致」とか「価値観の違い」なんですが、この場合コレと言った決定的な理由がないので「あの時離婚しなかったら良かった」って引きずる場合が多いです。

その時は相手の全てが嫌になるのですが、冷静になって考えると「離婚するほどの事でもなかった」という場合も多いです。
もう少し、自分から歩みよっていればって後悔先に立たずですよね。

価値観や性格の不一致は、育った環境も違うのでどちらかが歩み寄れば解決できる問題です。
「なぜ自分が我慢しなければいけないの」って自分本位で考えてしまうと、もう離婚しかありません。
でも少し考え方を大人にして自分から折れることで離婚という最悪の結果を迎えずに済む事もあります。
でもそれを冷静に考えられないから離婚になってしまうんですよね。

注意)
もっとも、これはあくまでそんなに嫌なところもないけど、何となく性格や価値観が合わないからと離婚をした場合だけです。
価値観や性格の不一致にはいろんな意味が込められています。

生理的に合わない、同じ部屋の空気を吸うのもいや、顔も見たくないなどの理由もこの中に含まれています。
これらの理由の場合は、復縁するのは無理かもしれません。

 
以上のような理由が原因で離婚になった場合は、まだ元に戻れるかもしれません。
ではここからは復縁の方法について解説しますね。

上手に復縁する方法

どうしても復縁したい人はここから先の記事を参考にしてくださいね。
離婚した時から、復縁を視野に入れて行動した方が復縁しやすいと思います。

子供を使って家庭の温かさを思い出させる

子供が会いたがっているからと言って合う回数を増やす方法です。
子供を通すことで共通の話題があるので会話も和やかにはずむし、楽しい時間を過ごすことで家庭の温かさを思い知らせる方法です。

特に離婚したての頃は、相手も寂しさを感じているので効果的です。
会った時は子供に思いっきりパパに甘えるようにといいきかせておいてください。

女っぽさを出す

離婚後、しばらくして会う時には思い切り女っぽい色気を出すような服装で会ってください。
「あれ?こんなにいい女だったかな?」って思わせれば成功です。

いつも家でジャージを着ている姿しか見ていなかった元夫には刺激を与える必要があります。
「ほっておいたら他の男にとられるんじゃ?」
そう思わせる作戦です。
今までは会社に行くと綺麗な若い女の子がたくさんいて、家に帰って妻を見てげっそりしていた旦那さんも見直すかもしれませんよ。

いつでも連絡をとれるようにしておく

離婚したからと言って連絡を断つ必要はありません。
特に復縁したい人はいつでも、連絡をとれるようにしておいてください。

困った時や子供が熱を出した時は直ぐに連絡をしておくと離婚したとはいえ、まだ自分の事を必要としてくれていると男性は気持ちがよくなります。
男は甘えられるのが好きな生き物ですからね。


男性の影は出さない

離婚してすぐに他の男の人の影がよぎれば元夫も復縁どころか幻滅します。
「そんなにすぐに気持ちを切り変えることが出来るのか?」という気持ちが信頼を無くしてしまうかもしれませんね。

そうならないためにも男性の影が見えないようにしてください。
やきもちを焼かせようと男性の話を持ち出すなんてもってのほかです。

逆効果になりますよ。
離婚しても子供の世話に追われて一生懸命生きているけなげな姿を見て、元夫も考え直す気になるかもしれませんからね。

絶対に復縁しない方がいい男性のタイプ

以下の3つのタイプは、私がこれまで離婚してよかったなって思う男性のタイプです。
もちろん、復縁もしたくなかったです。
むしろ、復縁しない方が楽しい人生を送っていけてるのかもしれません。

でもこれは私の意見です。
参考程度に読んでみてください。

ギャンブル好き

ギャンブルや自分の趣味、飲み会にお金を惜しげもなく使う人とは金銭感覚が違います。
それに家庭的ではありません。

これが理由で離婚した人は、まず復縁するのは無理でしょう。
ギャンブルなどは、ほぼ病気と同じです。
絶対にやめる事は出来ません。

私の父親もギャンブルが大好きでした。
最初はパチンコだけでしたがだんだん競馬、相場と手を広げていき、その借金は膨れ上がっていました。
父親が他界した時に借金の額がわかり、家族で大慌てした記憶があります。

それから私もギャンブルをする人とは付き合わない事にしています。
苦労しないで育った人は、お金の大事さを分かっていない事が多いですね。

DV、モラハラをする

暴力をふるったり、モラハラのように人間として見ていない発言をする。
これが原因で離婚をした場合は、復縁はしない方がいいです。

これは復縁できるかどうかというより、しない方が自分のためです。
暴力をふるう人はまた同じことをします。

謝るからと許しても、また同じ事をされて心身ともに傷つくのは自分です。
それがトラウマとなり、男性と接するのも怖くなる人もいます。
こんな男性とはキッパリ縁を切った方がいいです。

もし子供がいるなら子供のためにも縁を切ってください。
こういう人はいずれ、子供にも暴力をふるうようになります。

マザコンタイプ

マザコンもそうですが、子離れできていない親がいる男性とも復縁はしない方がいいです。
マザコンの男性は、奥さんより母親を大事にするし、子離れできていない母親は息子が可愛いので何かと理由をつけて家に来ます。

私の場合もそうでした。
何かと理由をつけては家にあがりこんできたり、元夫には「お母ちゃんが作ってくれたハチミツトーストを作ってくれ」と言われた事もあります。
作り方がわからなかったら自分で聞けとまで言われました。



もういい年をしているのに母親の事を「お母ちゃん」と呼ぶのも気持ち悪かったですが、義母が元夫の事を「お兄ちゃん」と呼ぶのも気持ち悪かったです。
私たちには男の子もいたし、子供の手前もあるので「パパ」とか「お父さん」と呼んで欲しかったです。

子供たちも自分のお父さんがお婆ちゃんに「お兄ちゃん」と言われているのを聞き、陰で笑っていました。
その後もずっと「パパってお婆ちゃんにお兄ちゃんって呼ばれてるんや」って言っていました。

マザコンの男性は、絶対治りません。
何歳になってもすぐに親を頼るし、元夫ももう社会人になっているにも関わらず母親におこずかいをもらいに行っていました。
長い間、私は知らなかったので嫌味を言われた時はビックリして大喧嘩しました。

まとめ

いかがでしたか?
離婚してもどうしても復縁したいなら、一度試してみてください。

復縁しない方がいい離婚理由も人それぞれです。
それでもやり直したいという方はそうすればいいと思います。

全てはあなたの人生ですから。
後悔しないような人生を送ってください。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です