離婚した相手が再婚した!養育費の減額&増額って可能なの?

離婚した相手が再婚した場合、再婚相手の収入によっては養育費を減額または増額することができます。

払っている人からしたら減額は嬉しいけど、増額は困りますよね。

夫婦は互いに助け合う義務(扶助義務)というものがあります。
再婚すればまたその義務が発生します。

今まで養育費を払っていた人も、もらっていた人も新たに扶助義務が発生する事になります。

その時に養育費の減額は出来るのか?



また子供が成長すれば養育費も上がってきます。
その時に養育費の増額はできるのか?

離婚して再婚した時に養育費は減額されるの?または増額してもらえるの?

こんな疑問についてまとめてみました。

養育費の義務

養育費とは、離婚した時に未成年の子供にかかるお金の事です。

離婚した時は子供に対して親権と養育権が発生します。

親権は父親、養育件は母親というケースが多いです。

そして養育件を持った人が子供を育てていくことになります。

子供をそばに置いて育てない方の親が養育費を支払う事になります。

養育費の額は、親権者の収入、子供の年齢によって変わってきます。

離婚時に話し合いで取り決めが行われるのが普通です。

基本は子供が20歳(成人)になるまで支払われることになります。

成人年齢の引き下げが行われようとしていますが、そうなれば養育費の支払いも18歳までになるかもしれませんね。

離婚した相手が再婚した場合

離婚した相手が再婚した時は、養育費に影響があるのか気になりますよね。

払っていた人は新しくできた家族に対して扶助義務が発生するし、もらっていた人は再婚相手に負担をかけたくないので養育費はそのままもらい続けたいというのが本音です。

そこで養育費を払っていた人と、もらっていた人に分けてそれぞれ説明します。

養育費を支払っていた人が再婚した場合

養育費を支払っていた人が再婚した場合は、今までもらっていた養育費は減額されるのか気になるところだと思います。

この場合、再婚相手との間に扶助義務が生じるので再婚相手の収入が多ければ養育費はそのままです。

でも再婚相手の収入が少なければ新しく家庭ができたことで、生活保持義務が生じるので養育費の減額請求をすることができます。

今までもらっていた養育費が消滅するわけではなく、減額されるという事です。

これは養育費を支払っていた人が元夫でも元妻でも同じです。

養育費をもらっていた人が再婚した場合

養育費をもらっていた元妻が再婚した場合、再婚相手の収入が多ければ養育費は減額される事があります。

でもそれには減額請求調停の申し立てをしなければいけません。

ただし、これは少々複雑で再婚相手と子供が養子縁組をすれば親子関係になるので養育の義務が発生します。

でも養子縁組をしなければ親子関係にはなっていません。

なので養育費の減額請求は不可能の可能性があります。


養育費の減額請求

養育費は離婚時に家庭裁判所の養育費算定表に基づいて話し合いで決められるのですが、会社の業績悪化などで収入が変わってくる事ってあると思います。

※養育費算定表はこちらを参考にしてください。
裁判所の養育費算定表

ここからは養育費の減額請求方法についてお伝えします。

まずは元夫(元妻)と話し合う事がいちばんです。

話し合いでまとまればその内容を公正証書に書き直します(有料)

でも養育費を支払っている側は減額したいけど、もらっている側は減額されたら困るので話し合いはなかなかうまくいかないのが現状ですよね。

そこで次の行動は裁判所に養育費減額請求申し立てという方法をとります。

必要書類

  • 申し立て原本および写し 1通
  • こちらからダウンロードできます。

  • 連絡先等の届出書 1通
  • 事情説明書 1通
  • こちらからダウンロードできます。

  • 進行に関する照会回答書 1通
  • こちらからダウンロードできます。

  • 未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書) 1通
  • 申立人の収入関係の資料(源泉徴収票,給料明細,確定申告書等の写し)
  • 収入印紙1200円(子供一人につき)
  • 郵便切手100円2枚,82円10枚,10円20枚,1円10枚
  • 非開示の希望に関する(必要に応じて提出)

提出先

相手方が居住している家庭裁判所

養育費の増額請求

養育費は子供の年齢によっても変わってきます。

小さい間はそんなに教育費もかからないかもしれませんが、高校生ともなると塾は月に35000円ぐらいします。

今までもらっていた養育費では賄いきれなくなりますよね。

そこで養育費の増額の申し立てをします。

この時も最初は二人でよく話し合ってください。

それがうまくいかなければ裁判所に申し立てという順に進んでいきます。

この時の手順も必要書類も減額の時と同じです。

私の場合は、子供の習いごとが増えるたびに元夫に相談し、養育費の増額を納得してもらったので裁判所に申し立てをする事はありませんでした。

まとめ

今回は離婚した相手が再婚した時に養育費は影響を受けるのかについてまとめてみました。

養育費は減額&増額が可能という事になりますね。

払う側ともらう側の気持ちは相反するものがあるので、すんなり話し合いがまとまるとは思えません。

その時は裁判所に申し立てをするか、弁護士に間に入ってもらうなどした方がうまくいくかもしれませんね。

困った時は専門家にお願いする方が早く解決しますよ。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒専業主婦が離婚する前に準備しておくべき重要な4つのこと!



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です