血液型で人生は変わるのか?「ホンマでっかTV!?」で検証!

こんにちは。みゆりんです。

先週の「ホンマでっかTV!?」では血液型で人生が変わるのか検証していました。

事の発端は、中日新聞の「100歳以上生きられる可能性が一番高いのはB型!?」という報道からです。

血液型で本当に人生は変わるのでしょうか?

だとすれば自分の血液型に合った方法で人生を生きていけばうまくいくかもしれませんね。


100歳以上生きられるのはB型?

これは理化学研究所や慶応大学、東京老人総合研究所も調査した結果、100歳以上生きている300人の人の血液型を調べると30%がB型だったそうです。

70歳代の時は20%しかいないB型がそこから30年は生きるそうです。

そのほかの血液型の人は、100歳までにお亡くなりになるみたいですね。

健康と血液型を結んで考える

A型→ピロリ菌を持っている

B型→長寿

O型→消化器官が弱い

AB型→AとBの両方を併せ持つので病弱

A型はピロリ菌を持っているので、胃がんなどになりやすいそうです。

B型はすい臓がんになりやすいという調査結果ですが、すい臓がんは発見されたときには末期の場合が多いのでB型の人は注意しておくべきですね。

心理学的で分析

心理学にも血液型は大いに関係してきます。

一般的にA型は几帳面と言われていますよね。

それはピロリ菌を持つからだそうです。

B型はマイペースで変わり者、O型はおおざっぱ、AB型はAとBを併せ持つので二重人格と言われます。

一般的な心理学は、血液型が持つ特性をそのまま当てはめた感じですね。

血液型の性格診断テストは病気の成りやすさから推論しているそうです。

だから「当たってる!」って思うのでしょうね。

血液型別ダイエット法

海外では血液型によるダイエット法を実践しているとか。

O型 

一番古い血液型で狩猟民族。

胃酸が多く出るタイプなので、動物性蛋白質を多くとり、運動量の激しいボクシングなどの運動をするとダイエットに成功するそうです。

A型

次に古い血液型で農耕民族。

胃酸が少ないので、野菜や果物、魚、大豆製品、穀物を食べ、ストレスがたまりやすいのでヨガやストレッチなどのリラックス系の運動でダイエットすれば成功しやすいそうです。

B型

次に古い血液型で、遊牧民族。

乳製品やラム肉などを食べ、頭を使うテニスやバスケットなどのスポーツをするといいそうです。

AB型

1000年前ぐらいから出てきた新しい血液型だそうで、AとBの両方を持つので食事も運動もバランスよくすればいいそうです。

健康と血液型の関係はいろいろ調べられているようですね。

でも海外では、あまり血液型を気にしていないという事を聞いたこともあります。

血液型の割合

日本人の血液型の割合は

A型 38%

B型 22%

O型 31%

AB型 9%

これは2013年に近畿大学が調べた数字です。

でも海外では圧倒的にO型が多いそうです。

アメリカインディアンは100%、O型だそうです。

アメリカでもAB型は少ないらしく、全体の1%~2%ですが、その中でも大統領になる可能性が一番高い血液型だそうです。

少ない血液型なのに大統領になる確率が多いとは不思議ですね。

ちなみに日本の首相は36人中、18人がO型だそうです。

これは政治家の家に生まれて、そのまま政治家になるのだから親の血液型を受け継いでいるので当然だと思います。

O型は記憶力に優れているので、頭のいい人が多いそうですよ。

合コンでモテる血液型は?

これは圧倒的にO型です。


ある婚活所の調べでは、「彼氏にしたい男性の血液型は?」の質問に

O型 52%

A型 31%

B型 11.3%

AB型 5.6%

という回答だったそうです。

O型男性は自信を持ってくださいね。

先月の「運が良くなるコツ」と合わせて、自分の血液型に合った方法で人生をうまく生きていくと苦労しないかもしれませんね。

詳しくは以下の記事を読んでみてくださいね。

幸運体質になる「運が良くなるコツ」



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です