育児中は孤独を感じるママが多い!誰でもできる簡単解消法をご紹介

育児中は孤独を感じませんか?
私は結構ありましたね。

新生児の時は外出もできなくて家に閉じこもり。
外出できるようになってベビーカーで外に出ても、ただ散歩するだけで話す人もいない。

旦那さんは帰ってくるのが遅いので、ずっと赤ちゃんとふたりっきり。
気がつくと一日中、誰とも会話していない。

そんな日々をずっと送っていると、自分だけ社会から取り残されたような孤独感で押しつぶされそうになりました。
せっかく可愛い我が子が生まれたのに、孤独感を味わう事になるとは思ってもいませんでした。



でも育児中の孤独感なんて簡単に解消できるんですよ。
今回は私が実践した育児中の孤独感解消法をお伝えします。

育児中の孤独解消法

実際、私が試した孤独解消法をお伝えします。
あなたに合った方法で孤独を解消してくださいね。

人が大勢いるところに積極的にいく

人が多いところも色々あります。
単に誰かと話す事が目的なら近くのスーパーに出かけるといいでしょう。
同じような境遇にいる人と触れ合いたい時は、子供が多くいるところに出かける方がいいです。

スーパーに行く

私は子供が2か月のころから、近くのスーパーなどに行って何時間もウロウロしていました。
赤ちゃんを連れていると、年配の人がよく話しかけてくれるんですよ。

夜泣きがひどいというとアドバイスをくれたりしました。
誰かと話すだけで孤独感なんてなくなりましたよ(笑)

児童館に行く

児童館に行くと同じ月齢の子供を連れたママがたくさんいます。
自然と話すようになり、同じ悩みを抱えていたりすると相談にのってくれてお互い情報交換が出来たことで助かりました。

ママ友を作るには最適の場所です。
また児童館で働いている人は子供の扱いになれた人が多いので、相談事にも乗ってくれました。
すごく心強かったです。

公園デビュー

公園も児童館と同じで、たくさんの子連れのママがいます。
少し大きな子供もいるので、一緒に遊んでもらったりしていると赤ちゃんも疲れて帰ってからよく眠ってくれました。
公園もママ友を作るのには最適ですよ。

赤ちゃんは少しすると目が見えるようになってきます。
太陽の光を浴びたり、子供たちの声を聞くだけでも刺激があっていい意味で疲れてくれます。

サークルや習い事をする

ベビーマッサージなど赤ちゃんでも参加できる教室やサークルに参加するのもママ友が出来て、気分転換にもなるのでおすすめです。
特に月齢別にクラス分けしている場合が多いので、自然と同じような環境のママ友が出来ますよ。

リフレッシュ方法を見つける

自分だけのリフレッシュ方法を見つけるのもおすすめです。
私はお菓子を作るのが好きだったので、赤ちゃんが寝ている時によくスイーツを作っていました。
自分ひとりで食べたら太るので、ママ友に配ったりしてさらに仲を深める事が出来ました。

趣味に没頭するor資格をとる

これはリフレッシュ方法と似ていますが、今までやっていた趣味に少しでも没頭できる時間を作ってください。
育児休暇をとっている人は今のうちに何か資格をとるとかすると時間を有効に使えますよ。

ママ友を作る

ママ友を作ると情報交換もできるし、悩みも聞いてくれるので孤独を感じる事はなくなります。
私も入院中、同じマンションに住んでいる人が何人かいたので退院してからもお互いの家を行き来して一緒に持ち寄ったご飯でランチすることが多かったです。

料理を教えてもらったりお茶をしたり、すごく楽しかったです。
少し大きくなると一緒に公園に行ったり、買い物に行ったり毎日が充実していました。

実家や一時保育に子供を預ける

あまり自分を追い込むといけないので、辛いと感じたら早めに実家に行って話を聞いてもらったり、一時保育に預けて気分転換をするなど工夫してください。
特に実家が近い人は甘えた方がいいです。
親も孫が来る事を楽しみに待っていますからね。

育児中に孤独を感じる原因

なぜ育児中に孤独を感じるのか?
せっかく我が子を抱く事が出来て、本来は嬉しくて毎日が楽しいはずですよね。

でも孤独を感じる人が多いのは事実です。
その原因を探ってみました。

話し相手がいない

これは私も経験があるのですが、夜泣きがひどくて一晩中抱いて授乳していたら疲れます。
旦那が仕事に行く時も起きれないので、旦那は自分でご飯を食べて仕事に行っていました。

昼ぐらいに重い体を引きずりながら布団から出て、育児をしながら家事をしていると、一日がそれで終わってしまい気が付いたら誰とも会話をしていない。

夜遅く、旦那と少し会話をするだけ。
こんな日が毎日続いていたので、寂しくて孤独でしたね。

夫が理解してくれない

育児と家事を毎日頑張っているのに、旦那は全然評価してくれない事が多いですよね。
外で働いている方が、遥かにしんどくて大変なんだってオーラをだしまくり。

話も聞いてくれないでテレビばかり見てるし、転んだらすぐに寝てるし・・・
少しは早く帰って育児に協力してほしいってずっと思っていました。
妻の頑張りや大変さを理解してくれない旦那さんが多いですよね。

夫が楽しそうにしている

「今日は飲み会だから遅くなる」
そんな事を聞いたら「自分だけ飲みに行って私はずっと家に閉じこもりっきりなのに」
ってムカつきますよね。
それが頻繁にあるとママは孤独を感じずにはいられません。

社会からの疎外感

育休をとっている人などは今まで働いていたので、特に社会から孤立したように感じるかもしれませんね。
また、育休が終わった時に自分の働く場所があるのか仕事をこなせるのか不安になって焦っている場合もあるでしょう。

これは専業主婦だった人でも同じです。
自分に自信が持てなくなったり、自分だけが取り残されたように感じるみたいです。


体質の変化

妊娠中は激しい運動をしないので筋肉が落ちます。
産後は妊娠中に変化したホルモンは、徐々に戻るのですが落ちた筋肉を戻すには時間がかかります。

また夜泣きのひどい赤ちゃんの場合は熟睡する事が出来ないのでママも疲れをとる事が出来ません。
なのでちょっとした事で疲れたりします。

体調が悪いと何かと不安感に襲われます。
それが孤独感につながったり悪い事ばかり考えたりします。

友人と話が合わなくなる

今まで仲の良かった友人がまだ独身だったり、出産していなかった場合は、孤独感や悩みを打ち明けても分かってもらえません。

気楽にカフェやランチに行っていたけど、ベビーカーでは入れないレストランがあったり途中で泣きだしたら話しどころではありませんよね。
自分も友人に気を使ってだんだん疎遠になるケースが多いです。

ママ友グループでの疎外感

ママ友が出来たからこれでもう孤独感を感じなくて済むと思っていても、そのグループで話しが合わないとかいじめにあってぼっちにされたりする場合もあります。

一緒にいても自分の知らない話ばかりされて返って孤独を感じる事もあるようです。
価値観の同じママならそんな事もないのですが・・・
深く付き合っていける人かどうかよく見極める必要がありますね。

産後クライシス

  • 夫が話を聞いてくれない。
  • 夫が家事と育児を頑張っている自分を評価してくれない。
  • 夫が育児に参加してくれない。

そんな不満が大きくなって産後クライシスになる事もあります。
産後クライシスとは離婚の危機を指します。

産後うつに要注意

ずっと孤独感を感じて自分を追い込むと産後うつになる場合があります。
産後うつになると赤ちゃんの事を可愛いと思えなくなり、そのうち赤ちゃんを虐待するかもしれません。

夜に熟睡できないと疲れが溜まってくるので頭がボーッとして思考が止まってしまいます。
特に神経質な人や完璧症の人は注意してください。

 
思ったように育児できない。
家事を完璧にできない。

自分はダメな人間なんだって自分で自分を追い込むことでうつ状態になりやすくなります。
普段から完璧症の人は、産後は気楽にするように意識することが大切です。


まとめ

いかがでしたか?
育児中の孤独は自分で何とか出来ますよ。

自分に合った解消法でうまく解決してくださいね。
おすすめは「ママ友を作る」ですが、これは人によっては逆にストレスになる場合があるので深い仲になってもいい人かどうかよく見極めてください。

人間は合う合わないがあるので、無理に人に合わす必要はありません。
少し付き合って合わないと思った時はさりげなく離れていくようにしましよう。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事⇒出産が怖いという妻に夫がやってしまうNGな事!妻の本音は?



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です