育児で孤独を感じるのは夫の理解がないから?ワンオペ育児の末路は?

育児をしていると、毎日家事と育児に追われて一日があっという間に過ぎてしまいますよね。
気がつけば誰とも話をしていないという日が多いと思います。

夜に夫に今日一日の出来事を話しても聞いてくれない。

疲れたからとご飯が終わればお風呂に入ってさっさと寝てしまう。
週末の休みを指折り数えて待っていても、当日会社から仕事で呼び出されたり、疲れているからと一日中寝ていたり・・・

そんな日々を過ごしていると、自分だけ家事と育児に追われて社会から取り残されたような孤独感を味わっていませんか?
今回はそんなママのために、育児は孤独なんかじゃないんだよって事をお伝えしたくてこの記事をかきました。

今悩んでいる人は思考を変えてみてください。
育児はあっという間に終わってしまいますよ。


育児は孤独?

悩み相談によく育児中の孤独感を訴えている方がたくさんいます。
私も育児を経験したのですが、孤独感は感じませんでした。

入院中から同じマンションの人がいたので、新生児の時から家を行き来したりしていたせいもありますが。

子供が2歳ぐらいの時にマンションを引っ越しして、その時のママ友たちとは疎遠になってしまいました。

でも私は、子供と二人でいるのが楽しくて新しいマンションの近くには公園が多かったので、お弁当を持って自転車で公園めぐりをしたりとすごく楽しかったです。

特別、ママ友が欲しいと思った事もなかったのですが、そのマンションには同じぐらいの年齢の子供が多くいました。

夕方になると外で子供の声がするので、うちの子も外にでたがり自然と子供も私も家を行き来する友達が出来たという感じでした。

確かにママ友がいると寂しくないと思います。
同じような悩みを打ち明けることもできるし、一緒にランチに行ったりと毎日が楽しくなります。

でもその一方でグループが出来たり、表面上は仲良くしているのに陰で悪口を言ったり、自分の子供自慢をしたりする人が出てくるんです。

これは女性特有のものかもしれませんね。

私はそういうのが苦手な方なので出来るだけ群れる事は避けるようにしていましたし、中立の立場で噂話は聞き流すようにしていました。

派閥に巻き込まれるぐらいならひとりの方が気が楽です。

そう考えていると育児が孤独なんて思わないと思います。
いやな人間関係を我慢してまでママ友が欲しいですか?
目の前に子供がいるんだから孤独じゃないです。

悩んだら自分の母親や育児相談を利用すれば悩みなんてすぐに解決します。

育児が孤独と感じている人は、ママ友がいないからグループで固まっている人を羨ましく思うのではないかと思います。

夫の協力は?

男性は仕事を言い訳に育児に参加しない人が多いですよね。
それは新生児の時はどう接していいかわからないケースが多いためです。

まだ自分の子供とか父親になったという実感がないことが原因の場合もあります。
でも少し大きなって一緒に外で遊べるようになればもっと育児に参加してくれるようになるので、それまで我慢してください。



でもこれは夫の性格にもよりますね。
自分を一番にしてほしい夫の場合は、子供にかかりっきりで自分を大切にしてくれないからと仕事にのめりこんで家庭を顧みない場合もあります。

晩御飯のメニューも子供の好きな物が中心になっていませんか?

「誰の稼ぎで生活できているんだ」

これがの本音かもしれません。

子供に手がかかるのは当たり前の事ですが、夫にまだ女として見てもらう努力をしないと子供の母親としか見てもらえなくなれば危険です。

もしかしたら夫が浮気してしまうかもしれませんよ。

子供を早く寝かせて夫婦二人の時間を持つようにすれば、夫も早く帰ってくるようになるし、子供の世話もしてくれるようになって家庭円満になれます。

外国では実際そうみたいですよ。

友人がイギリス人の男性と結婚していたのですが、夫婦の時間を作るために食器洗い機を購入していました。

子供は決まった時間になると自分の部屋に行かせて、夫婦の部屋には入らせないようにして二人の時間を大事にしていました。

それぐらいお互いの時間を大切にして、いつまでも新鮮な気持ちを持つことも大事なのかもしれません。

ワンオペ育児の末路

最近は旦那さんが仕事で遅くてワンオペ育児の家庭が増えていますね。
ワンオペ育児とは、シングルマザーではなく夫がいるのにママがひとりで育児をしている事を言います。

育休をとってくれるぐらい家庭優先の夫なら良いですが、日本はまだそんな事をしていたら世間体や会社での立場が危なくなるので一部の人しかイクメンの男性はいません。

ワンオペ育児の問題点は、ママが精神的に追い詰められてしまう事です。
ワンオペ育児とシングルマザーとの違いは夫がいるのに協力してもらえないというところでしょうか。

シングルマザーの場合は頼る人がいないので自分がしっかりしなきゃって頑張りますからね。
でもワンオペ育児の場合は、夫が単身赴任とか帰宅が遅いなどで頼りたくても頼れなくて辛くなってしまう傾向にあります。

その結果、子供を虐待したりうつになってしまったりするようです。

私の友人は二人子供がいたのですが、上の子が3歳ぐらいの時に旦那さんが単身赴任になり、ずっと一人で二人の子供を育てていました。



旦那さんは3か月に1回しか帰ってこないと言っていました。
でも返ってその方が自分と子供のペースで生活できるので楽だと言っていましたよ。

たまに旦那さんが帰ってきた時の方が緊張したそうです(笑)

まとめ

今回は育児が孤独で夫の理解が得られない場合についてまとめてみました。
ワンオペ育児も考え方を変えればいいと思います。

ひとりで辛いと思うからどんどん辛くなるので、もっと育児を楽しめば孤独感なんて味わう事もないと思いますよ。
それに夫に理解してもらおうと考えるのは止めた方がいいと思います。

自分のしんどさを夫に理解してもらおうとするから、余計な事に神経を使ってイライラするんです。
夫に理解してもらおうとせずに、自分が夫の事を理解するようにすれば何もかもうまくいきますよ。

子供はあっという間に大きくなります。
もっとあの時可愛がっておけばよかったって思う日が必ず来ます。

今の子供との時間を大切にしてください。
そして旦那さんとの関係も壊さないように、母親と女の顔を忘れないように上手に使い分けてくださいね。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事⇒育児中は孤独を感じるママが多い!誰でもできる簡単解消法をご紹介



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です