育児ストレスが限界になる前に自己診断チェック!簡単にできる解消法も伝授!

育児でストレスが溜まってもう限界!

そう感じているママはたくさんいるでしょう。
上手にストレス発散できる人ならいいですが、うまくできない人の方が圧倒的に多いのが現状です。

もしかしたら自分で育児ストレスと感じていない人もいるかもしれませんね。

ストレスは目に見えない物なので、手遅れになる前に自己診断する事が大切です。

今回は育児ストレスを自己診断する方法と簡単に解消する方法をまとめてみました。


育児ストレス

育児のストレスは子育てを経験した事のあるママなら、必ずあるはずです。

私の場合は夜泣きと人見知りがひどくて、誰にも預ける事が出来なくて毎日眠たくて逃げ出したくなった事があります。

姑にも「母乳が足りてないからよく泣くんじゃない?」って言われて母乳で育てようと決めていた私にはその言葉すらストレスでした。

夜泣きすると旦那の仕事に差し支えるといけないと思い、泣いたらすぐに抱っこして違う部屋に行き座ったまま寝ていました。

離乳食が始まっても全然食べないで母乳を欲しがって泣いてばかり。

育児中は、子供の事だけでなく誰かの言葉にさえも敏感になりちょっとした事でイライラしますよね。

そして孤独感を感じ出口のないトンネルに入っているような感覚を味わっていると思います。

そこまでいくと子供の事を自分の子供なのに可愛いいとさえ感じなくなってしまいます。

さらに育児本通りに子供が成長していなかったり、公園に行っても他の子供と遊ばなかったりすると育児ストレスというより、もう不安ばかりが大きくなってきます。

この子、どこかおかしいんじゃないか

私は自分の子供をいつもそう思っていました。

その上、旦那の世話もしなくちゃいけないし、姑の無神経な心ない言葉でストレスは最高潮に達します。

普段なら流せる事が流せないぐらい神経が過敏になってしまうんですね。

子供が大きくなったらストレスもなくなると思っていましたが、それは甘い考えでした。

少し大きくなると、今度は反抗期が始まって何を言っても「イヤイヤ」で言う事は全然聞かなくなります。

もう毎日が戦争で、こんな生活イヤ

そんな風に悩んでいるママもたくさんいるでしょう。

限界を感じた時

育児ストレスに限界を感じた時は、無理をしないで思い切って休んでください。
まだ「こんな生活いやだ」って感じている時は自分で何とか出来ます。

それすらも考えられない、または何も感じない状態になると危険です。

育児だけでなく家事もできなくなり、心療内科で治療しないといけなくなります。

そんな状態を「育児ノイローゼ」と言います。

自己診断チェック


育児ノイローゼは、育児ストレスが原因で心身に不調をきたす事です。
こんな症状があると育児ノイローゼかもしれないのでチェックしてみてくださいね。

  • 食欲がない
  • わけもなく涙がでる
  • 何もする気が起きない
  • 孤独感で不安になる
  • 眠れない
  • 自己肯定感がなくなる
  • 自己否定する
  • 消えたくなる
  • 子供が可愛いと思えない
  • マイナス思考になる

育児ノイローゼは産後のホルモンバランスの乱れとも言われていますが、完璧主義者に多いと思います。

責任感の強い人、潔癖症の人、完璧主義の人は注意してください。
こういうタイプの人は、誰にも頼らないでひとりで頑張ろうとしてしまいます。

それなのに子供が言う事を聞かない、自分が思っていた通りに育児が進まないというイライラがだんだん積って育児ストレスとなります。

それが爆発すると子供を虐待する行為へと発展するかもしれません。
そして自己嫌悪に陥る。

その繰り返しで精神的に疲れて育児ノイローゼとなってしまう可能性があります。


育児ストレス簡単解消法

そうなる前に育児ストレスを簡単に解消できる方法をお伝えします。

今までもいくつかの育児ストレス解消法をご紹介してきました。

詳しくは以下の記事も参考にしてくださいね。
育児ストレスは原因究明が解消のコツ!オススメグッズはコレ!

グッズを使って自分を癒す事も有効なんですが、今回はもっと簡単な方法です。

私はずっと育児日記をつけていました。

書く事で自分を客観的に見たり、子供が成長している事を実感できます。

「昨日はこんな事で悩んでいたんだ」
「前は出来なかった事が今は出来るようなった」

そんな事を繰り返していると、自分の気持ちの整理が出来たりストレスの原因を見つける事が出来ます。
ストレスの原因が分かれば対処法もわかりますよね。

例えばせっかく作った離乳食を子供が食べなくて泣いている時は、その時の写真をスマホでとって育児日記に貼ってください。

「離乳食を食べなくて泣いている○○ちゃん、どうして食べてくれないの?泣きたいのはママだよ」みたいなメッセージとともに・・・

どんな離乳食なら食べるのかも記録として残りますよね。

そして育児日記のいいところは、子供が大きくなった時に「こんな風に育児を頑張っていたのよ」ってその日記をプレゼントする事も出来ます。

いい思い出にもなるし、もしその子が親になった時に役立つかもしれません。

親子の絆も強まりますね。
育児がうまくいかない時は、間違っても他の子供と比べない事です。

成長には個人差があります。
ネットや育児書で悩みを共有する事は大事ですが、そこで比べたり落ち込んだりするぐらいなら最初から見ない方がいいです。

まとめ

ストレス解消法は人それぞれいろんな方法があります。

自分に合ったストレス解消法がいいのですが、今回お伝えした育児日記は誰でも出来る簡単なものなのでぜひ実践してみてください。

子供の月例や年齢によってママの悩みも増えていきます。

その悩みが増えるとストレスも増えてきます。

意識して普段からこまめにストレスを解消する習慣をつけるようにしてください。

関連記事⇒育児のイライラに効くオススメの漢方はコレ!症状に合った漢方を選ぶ事が重要!



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です