産後の食事制限はNG!食べてないのに痩せないのは他に原因がある?

妊娠中に増えてしまった体重を落とすために、産後、食事制限をしているママは多いと思います。

でもなかなか痩せることが出来ない人も多いのでは?

 
今までは食事制限をするとすぐに痩せたのにどうして?

そんな風に悩んでいる人に、今回はその理由をお伝えします。

産後は体も変わっていますよ。
食事制限だけではなかなか痩せないのが現実です。

でも理由を知れば対処できるので安心してください。

食事制限はNG

産後は赤ちゃんに母乳をあげなければいけません。
それなのに食事制限をすれば、赤ちゃんに十分な栄養をあげる事が出来なくなります。

母乳はお母さんの血液から出来ています。

血液の中にはお母さんが食べた食べ物の栄養がたくさん入っています。

食事制限をすると十分な栄養がとれなくなり、母乳が出ていても栄養があまりない母乳になる可能性があります。

赤ちゃんの体重が増えないのは、母乳が足りてないせいかなって考える前に母乳の内容も考えるようにしてください。

心配しなくても母乳をあげている間は、どれだけ食べても太る事はありません。

育児に加え、家事もこなしているとその運動量だけでも相当な物になります。

たくさん食べてたくさん動いていれば、赤ちゃんにも栄養たっぷりの母乳を上げる事ができ、運動量も足りているのでだんだん痩せていきますよ。

痩せない原因

それでも痩せないという人は、その原因を突き止める事が重要です。

筋力の低下

妊娠中は運動ができません。

軽いウオーキングぐらいなら安産の為に動いていい時期になれば許可が下りますが、お腹に力が入るような運動は出来ません。

さらにお腹が大きくなると、その重みで腰が痛くなる場合もあります。

そうすれば長時間歩く事も出来ず、立っているのさえ辛い時もあります。

自然と座ったり寝転んだりの生活が続けば筋肉も落ちていきます。

悪阻(つわり)がひどい人は出産ぎりぎりまで寝込む人もいますよね。

つわりがひどい人は、以下の記事も読んでくださいね。
妊娠中の悪阻(つわり)が辛い!これっていつまで続くの?

そんな人たちは筋肉が落ちている可能性が高いです。

産後、なかなか痩せないという人は、まずは筋トレを中心に運動をするようにしてみてください。

有酸素運動もいいのですが、まずは筋肉を元に戻す事が大切です。

なぜなら筋肉があると脂肪を燃やしてくれるからです。

ダンベルを使ったエクササイズやゴムバンドを使って筋肉に軽い負荷をかけて運動をすると早く筋肉がつきますよ。

さらにタンパク質も多めに取るようにした方がいいですね。

タンパク質は筋肉を作る上で欠かせないものですが、それだけでなく体のあらゆる細胞はタンパク質から出来ています。

なので、意識してタンパク質をとるようにしてください。

と言ってもそれだけに偏らず野菜などもバランス良く取る事をおすすめします。


代謝の低下

筋肉が落ちると代謝も低下します。
それが痩せない原因の一つかもしれません。

代謝を上げるには、体温を上げる必要があります。
体の中から温かくなるような食べ物をとるようにしてください。

例えば、ショウガやキムチなどの発酵食品などです。

それに体を冷やすような事は出来るだけしないようにしてください。

  • 冷たいものを飲む
  • エアコンの中にずっといる
  • 薄着をする

など体が冷えるような事をすれば低体温症になってしまいます。
低体温症はなかなか元に戻す事はできません。

体温を1℃あげるのは、案外難しいものなんです。
体を温めるために、毎日入浴をして体の芯から温めるようにしてください。

注)これは入浴の許可が出てからにしてくださいね。


それと代謝の低下は自律神経のバランスが崩れている可能性もあります。

意識して深呼吸をするようにしてください。
呼吸が浅くなると自律神経のバランスが崩れると言われています。

自律神経のバランスが崩れると睡眠にも影響してきますよ。

骨盤のゆがみ

出産すると骨盤が広がって歪む事があります。

詳しくは以下の記事も読んでくださいね。
産後の骨盤を正しく矯正するための効果的な運動をご紹介!

骨盤が歪むとお肉が変な所について体型が崩れます。

体重はそれほど増えていないのに、何だか太って見えるとか出産前のパンツが履けないという場合はこの可能性が高いです。

母乳をあげている時はバストもそこそこ大きいですが断乳をするとしぼんでいきます。

その上、骨盤が歪んでいるせいで下腹がポッコリだと女性らしい体型とは言えませんよね。



骨盤が前傾していると下腹にお肉がついてお尻も出てしまいます。

さらに血液やリンパの流れも悪くなり、下半身がむくむ原因にもなります。

それが下半身太りに見えたりします。

睡眠不足

睡眠不足も太る原因の一つです。

なぜかというと新陳代謝を促す成長ホルモンは、寝ている時に多く出るからです。

成長ホルモンがスムーズに分泌されないと、新陳代謝がうまく行われなくなり基礎代謝量も減ります。

それが太る原因になります。

赤ちゃんは生まれた時は3時間毎に起きたり、夜泣きがひどかったります。

そのたびに起きて授乳をしていれば、当然寝不足になり十分な睡眠時間を確保できなくなりますよね。

なので少しでもいいので、隙間時間を見つけて寝る事が大切です。

本当は成長ホルモンが出る夜10時~朝2時に寝る方がいいといわれていますが、赤ちゃんがいる時は仕方ないです。

それより少しでも体を休めて回復させる方が大事です。

産後、心がける事

産後は赤ちゃんの世話で、忙しくなり自分の事どころではなくなりますよね。

今までお腹が大きくて運動をしていなかったので、体は運動不足になっています。
そのせいで、筋力も落ちています。

さらに忙しくて、バランスのとれた食事をとる事も出来ません。
つい、面倒臭いからと適当に冷蔵庫にあるもので簡単に済ませたり、食事を抜いたりしがちです。

でも産後こそ、バランスのとれた食事をとり適度な運動をすべきです。

産後1か月後には検診に行くと思います。

その時に「産後の回復は順調ですよ」と言われたら、それからは少しずつ運動量を増やしていき徐々に元の生活に戻すようにしましょう。

寝れる時に寝て十分な睡眠時間を確保し、バランスのいい食事をとり規則正しい生活に近づけるようにしましょう。



ママの体の調子が悪いと赤ちゃんの調子も悪くなりますよ。
育児はこれからが長いです。

産後の自分の体をいたわって、これからの育児に備えておくことが大切です。
それが親としての責任でもあります。

まとめ

今回は、産後の食事制限をしてもなかなか痩せないと悩んでいる人に向けて書きました。

産後、なかなか痩せない人は食事制限をやめてください。

それとは逆に十分な栄養を取り、体を休ませて早く体調を元に戻す事を重視した方がいいです。

そして出来るところから少しずつ規則正しい生活に戻し、適度な運動をして筋力を元に戻す事を考えてください。

そうすれば知らない間に体重は元に戻っていますよ。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です