新婚生活が辛い!子供がいても離婚したいと考える時って?

普通なら幸せいっぱいのはずの新婚生活。

でも離婚を考えてしまうほど辛い状況にある人もいるかもしれませんね。

デキ婚で結婚した人や結婚してすぐに妊娠した人は甘い新婚生活ではない場合があります。

  • つわりがひどくて家事さえ出来ない。
  • 新婚なのに旦那さんの相手さえ出来ない。

そんな妻を見て旦那さんは「こんなはずじゃなかった」と新婚生活に幻滅してしまうかも。

そして喧嘩が絶えなくなり、旦那さんが浮気をしてしまい離婚が頭をよぎる。

というパターンが多いかもしれませんね。

妻はただでさえ、つわりが酷くて辛いのに旦那さんがいたわってくれなかったら、もうどうしていいかわからなくなります。


夫婦はいたわりあってこそ、本当の夫婦です。

相手が困っている時に助けない夫婦なら、この先も本当の夫婦になれるかどうか・・・

子供が生まれてから家事や育児を助けてくれる旦那さんかどうか、まずはここでわかると思います。

妻がつわりで苦しんでいる時に浮気をする夫は、里帰り出産をしている時も必ず浮気をします。

この辺はよく覚えておいてください。

でも子どもがいる人は、離婚したいと思ってもそう簡単には踏み切れません。

新婚生活が辛いと感じる時

これは人それぞれだと思いますが、悩んでいる人が多い原因を調べてみました。

旦那の浮気

長い間、交際していて妊娠をきっかけに結婚した方もたくさんいますよね。

交際が長くなればなるほど結婚、入籍は何かきっかけがないとそのままなあなあで過ごしてしまいがち。

妊娠を喜び産んでくれって言われて結婚したのに、いざ一緒に住み始めると自分の時間がないと言い始めたり、つわりがひどい妻を見て女性としての色気を感じなくなって他の女性に刺激を求めたり・・・

懇願されて結婚した妻の方もこれでは新婚生活が辛くなります。

彼が豹変した

付き合っている時はすごく優しかったのに結婚した途端、変わってしまう男性っているんですよ。

でも結婚した以上、離婚なんて考えちゃダメって我慢している女性はたくさんいます。

まして新婚なんだから、ある程度時間がたてば彼も変わってくれるかも!と思い辛い新婚生活を送っている場合も。

派手な結婚式をしてたくさんお祝いももらったりしたら、簡単に離婚なんて出来ない気持ちもわかりますが人生は一度きりですよ。

セックスレス

付き合っているときは、普通に関係があったのに結婚した途端、求めてこなくなったという悩みもよく聞きます。

彼に直接、聞いても納得できる答えをもらえない。

かと言って仲が悪いわけでもない。

歩く時は手をつなぐし、喧嘩もしない。

そんな新婚さんもいるかもしれませんね。

旦那さんは何も感じてないかもしれませんが、結婚後求められなくなった妻は正直悩みます。

この問題は誰にも相談できません。

なぜなら「彼を晒しものにしてしまうかも」とか自分たちの夜の生活を暴露してしまうことに抵抗があるからです。

男女の関係は、好きなら自然とそうなるもので義務や強要でする行為ではありません。

話し合いで解決できればいいのですが、こういう問題を話し合うのも何だか微妙な気がしますね。

給料が少ない

付き合っているときから収入が少ないのは分かっていたけど、お金よりも愛のほうが大事だし、人間的にもとてもいい人だったという理由で結婚を決めた女性もいますよね。

でもいざ新婚生活が始まると毎月カツカツでお金の心配ばかりしている。

愛があればと思っていたのに現実はそう甘くないと気づいても、もう結婚してしまったから後悔しても遅いとなげいている女性もいるかもしれません。

新婚時代は共働きで助けていけるけど、将来子供が出来たりしたら生活していけるのか不安になりますよね。



離婚したいと思う時

結婚している人で「離婚したい」と思う人はほぼ全員ではないでしょうか。
一度も離婚が頭をよぎらない夫婦なんていないと思います。

それは新婚に限らず、長い間婚姻関係にあればいろんな問題が出てくるからです。

だからといって、そう簡単には離婚しません。
そこは現実的に考えるみたいですね。

本当に離婚まで発展するのは、よほどの理由があると思います。
いかに離婚に発展する理由を幾つか挙げてみました。

内緒で借金をしていた

これは額や理由にもよりますが、生活に影響を及ぼすので信頼関係が揺らぎますよね。

また繰り返さないとも限りません。
金銭感覚の価値観の違いは大きな離婚の原因です。

嘘や隠し事ばかりする

これも嫌ですよね。
夫婦なのに嘘をつかれたり、隠し事をされたらだんだん信用できなくなります。

私の最初の旦那も叩けば埃が出るタイプでした。
何となく女性は感がいいのか、旦那のちょっとした行動で怪しいとわかるものなんですよね。

その時は謝ってもまた嘘をつきます。
これはもう癖のようなものでしょうか。

でもその度に喧嘩になり辛かったです。

同じ空気を吸いたくない

相手のことがとことん嫌になれば、もう同じ部屋にいることさえできなくなりますよね。
私も別居になる前は家庭内別居状態でした。

食事も一緒に取ることもなく、寝る部屋も別々にしました。
洗濯物も旦那の分だけ別に洗いました。

とにかく顔を会わさない。
ここまで来たらもう後は離婚しか選択肢はなくなります。

DV、モラハラ

これも立派な離婚理由ですね。
自分より弱い人間を暴力で思い通りにする行為は最低です。

暴力にも種類があり、身体的な暴力、言葉の暴力、生活費を渡さないなど色々あります。

詳しくは以下の記事も読んで下さいね。
離婚前に別居するのは不利になる?離婚を有利にすすめるコツとは?

この場合は身の危険もありますが、精神的にもダメージを食らうので早めに離婚した方がいいです。

マザコン

結婚したのに、旦那が実家に帰って戻ってこない場合もあるようです。
私の最初の旦那は、自分のお母さんにお小遣いをもらっていました。

よく実家に戻るなって不思議に思っていたんです。

もう社会人になって結婚している息子にお小遣いを渡す親もどうかなって思いますが、姑からそれを聞いた私は凄くショックでした。

「あんたが少ししか小遣いを渡さないから」と姑に言われ、その日は旦那と大げんかしました。

これも積もり積もれば離婚の理由になりそうですね。



豹変する

「新婚生活が辛いと感じる時」でも書きましたが、結婚すると豹変する男性もいます。

私も元夫に「釣った魚にエサはいらない」と言われました。
結婚したら急に態度が変わって大事にしてくれなくなったんです。

外面が良く、人付き合いばかり優先して家にかえるのが毎日遅い。
家事の協力もしてくれない。

それを責めると逆切れして怒る。
こんな旦那さんの時は、話し合いもできません。

まずは相手の親に相談してみましょう。
両親の言う事なら聞いてくれるかもしれません。

浮気

「隣の芝は青く見える」と同じような感じで他人のものがよく見えたり、欲しくなったりする男性もいます。

1回の浮気ぐらい許せる人なら、離婚にまで至らないかもしれませんがその後の夫婦関係に影響をおよぼすようなら早めに離婚した方がいいです。

特に子供がいる場合は、許してしまう女性が多いかもしれませんね。

それで心を入れ替えてくれるような男性ならいいですが、また繰り返さないとは限りません。

浮気は慰謝料が取れるので、これを機会に離婚に踏み切ったほうがいい場合もあります。

価値観の違い

例えば、自分は子供がほしいけど旦那さんは子供はいらないという考えの人なら、もう一緒にいるのは無理ですよね。

自分がまだ大人になりきっていない男性はたくさんいます。
自分の趣味に時間やお金を使いたいから、生活費は折半、子供はいらないという考え方です。

価値観の違う人と一緒にても辛いだけです。

自分の時間が大切という考え方に同意できるなら結婚生活を続けられるかもしれませんが、そうでない場合は離婚を考えたほうがいいかもしれませんね。

性格の不一致

離婚理由の中でダントツの1位がこれです。

性格なんて付き合っている間にわかりそうですが、結婚してずっと一緒にいると見えなかった部分が見えてきます。

癖や習慣もそうですが、それらをひっくるめて性格の不一致として表現しているのだと思います。

これは価値観の違いとも似ていますよね。

元カレが忘れられない&好きな人が出来た

ずっと長く付き合っている人がいたけど、相手には結婚する意思がないと知り、適当に相手を選んで結婚してしまった人にありがちなことです。

大恋愛ではないけど、家庭的だし収入もそこそこだから行き遅れになる前にこの人と結婚しておこう。

と安易な気持ちで結婚を決めた人は、元カレが忘れられなかったり、旦那さんより好きな人が出来たりする場合が多いようです。

新婚で子どもがいる場合

新婚と言っても若い初婚同士とは限りません。
お互いバツで子連れの再婚でも新婚です。

この場合はお互いに子供がいる、または一方だけに連れ子がいるパターンが考えられます。
お互いに子供がいる場合、その子供同士が仲良く出来るのかも重要です。

子供同士がうまくいかなかった場合は離婚を考えざるを得ないですよね。
一方だけに子供がいる場合、相手とその子供の関係がうまくいけば問題ありません。

結婚する前に、子供に相手を合わせると思いますが、その時はうまく行っていてもいざ一緒に住み始めるとうまくいかないこともあります。

その上、夫婦の間に子供が出来たら連れ子とは異母兄弟に・・・
やはり人間ですから自分の子供が一番可愛いと思うものです。

そこから児童虐待になったり差別したりという可能性もあります。

そしてデキ婚や結婚してすぐに妊娠して新婚でも子供がいる場合もありますよね。

その場合は、上記のように離婚に発展するような事があっても自分さえ我慢していればいいと辛い新婚生活を続けている人もいるかもしれません。

子供の前でだけ喧嘩しない仮面夫婦になって一生を過ごす。
または毎日、夫婦喧嘩を子供に見せている。

後者は子どもの教育上よくないですよね。
でも子供はパパが大好きだし、子供からパパを取り上げるのは気が引ける。

たしかに子供がいる場合は簡単に離婚は出来ません。
親権とか養育費とかでもめる事が多いからです。

詳しくは以下の記事も読んで下さいね。
別居から離婚すると子供の親権や面会は不利になる?面会交流権や監護権とは?

これから先の生活やシングルマザーで子供に片親の寂しさを味わわせてしまうことへの罪悪感もありますよね。

子供がいる人は離婚に慎重になってしまうのは当然のことですが、仲の悪い夫婦の環境で育つ子供も可哀想です。

子供のことを一番に考えてあげてください。

新婚で子どもがいない場合

子どもがいなくて新婚生活が辛いと感じている人は、夫婦でよく話し合って早めに結論を出すべきです。

子供が出来てからでは離婚にかかるパワーは計り知れないですよ。

もう無理って思う時は子供が出来る前に離婚を決断した方がいいです。

なるべく早く決断した方が自分の人生をやり直せるからです。

かと言って辛くなったらすぐに離婚すればいいという安直な考え方はやめてください。

バツが増える度にあなたの戸籍も傷つきますが、あなた自身の信用や人間性も疑われてしまうのでマイナスのイメージが強くなります。

まとめ

新婚でも離婚を考えている人は多数います。
新婚だから離婚しちゃいけないなんてことはありません。

一人で悩まないで信頼できる人に相談してください。
きっといい解決方法を提案してくれますよ。

それに聞いてもらえるだけでも気分がスッキリする場合もありますからね。

あまりにも辛くて我慢できないなら、早めの離婚をおすすめします。

また子供がいるかいないかでも変わってくるので、その辺は弁護士さんに間に入ってもらうなどして話し合いを有利にすすめるようにしてください。

一度の人生なんだから楽しく生きていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒新婚すぐに離婚!再婚のタイミングや失敗しないコツを伝授!



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です