悪阻(つわり)に効果のある飲み物や妊娠中にNGな飲み物をご紹介!

悪阻(つわり)は本当に人それぞれで、ひどい人は何も口にできなくてずっと入院というケースもあります。

そうなるとお腹の赤ちゃんに栄養がいきわたらず、最悪のケースも考えられるので悪阻がひどくて食べれない人は、せめて飲み物だけでも飲んでつわりの時期を乗り切りましょう。

今回は悪阻(つわり)のひどい人たちでも「これだけは飲めた」という飲み物を集めてみたので、自分に合うか試してみてくださいね。

悪阻(つわり)中でも飲めた飲み物

つわりがひどい時は、飲み物だけでも飲んで水分を補給しておく方がいいです。

そのままほっておくと栄養不足で入院して点滴という事態も考えられますからね。

そうなる前に、何でもいいから「これなら口に入れる事が出来」るというものを見つける事が大切です。



悪阻(つわり)は長くは続きません。

一生、それしか口にできないわけではないので、今だけと割り切って食べれない人は飲める物だけでも飲んで体力を落とさないようにしてください。

お風呂が無理な人はこちらの記事をどうぞ。
悪阻(つわり)の時のお風呂が辛い!妊娠中はみんなどうしてるの?

炭酸

炭酸水はシュワシュワして、後口がさっぱりするのでムカムカしている時は飲みやすいと思います。

でも人によっては炭酸水でもダメという場合もあるので、無理な人はやめておいた方がいいでしょう。

炭酸が苦手な人も多いですよね。

私も普段から炭酸は苦手なので、あまり飲んでいなかったので妊娠中も飲みたいとは思いませんでした。

しょうが湯

しょうが湯は体が温まって、デトックス効果もあるので妊娠中に限らず普段から飲んだ方がいいと言われている飲み物ですよね。

体が温まると新陳代謝も良くなります。

飲めるなら飲んだほうがいいですが、無理な場合はやめておいてください。

コーラ

コーラも炭酸なのでシュワシュワして飲みやすいかと思います。
ただ臭いと甘さが苦手な人も多いはず。

私はコーラの独特の薬っぽい臭いがダメで普段から苦手です。

それに異常に甘いですよね。

妊娠中は体重を気にしないといけないので、あまり甘いものはNGです。
ただ最近ではゼロコーラも出ているので、コーラが好きな人はカロリーの少ないものを選んだほうがいいでしょう。

スポーツドリンク

スポーツドリンクも水分補給にはいいと思います。
ただこれも甘いので、飲み過ぎには要注意です。

なるべくカロリーの低いものを選んでください。

ハーブティー

ハーブティーの中には、カフェインが入っている物があるのでよく成分を見てから選んだほうがいいです。

ハーブティーはリフレッシュ効果やストレス解消効果のあるものあります。
なので、気分がすっきりしない時にはピッタリの飲み物です。

「妊娠中の女性は飲まないで下さい」と記載のあるハーブティーは危険なのでやめてくださいね。

特に妊娠初期のときは流産や早産の危険性があります。

果汁ジュース、果実酢

果汁が入っているジュースや果実酢などはビタミンも摂取できるので一石二鳥ですよね。

選ぶ時は果汁100%にしてください。

果実酢などの酢を使ったものは、気持ちが悪い時はさっぱりして飲みやすいかもしれません。

特に酸味のあるレモン水などは、つわりがひどい時でも飲めそうです。

乳酸菌飲料

カルピスや飲むヨーグルトなど乳酸菌が入ったドリンクも体にいいしカルシウムがとれるので妊娠中にはすごくいいです。

妊娠中はお腹の赤ちゃんにカルシウムをとられるので意識して、カルシウム摂取を心がけた方がいいです。

ただカルピスは甘いので、あまり多く取るのはおすすめできません。
それに酸っぱい物の方がスッキリするという人には、甘すぎて厳しいかもしれませんね。

でも最近では甘さ控えめのカルピスも出ていますので、一度飲めるかどうか挑戦してください。



私はよくヨーグルトアイスを食べていました。
冷たいし、乳酸菌だったのであっさりと食べる事が出来ました。
食欲のない時は、本当に助かりましたよ。

飲み物とは違いますが、冷たい氷を口の中に入れておくだけでもスッキリして水分補給もできるのでおすすめです。

妊娠中は体重増加に気をつけなければいけないので、甘い物より安心して口に含む事が出来ますね。

飲みやすくするコツ

悪阻(つわり)中は臭いに敏感になるので、温かいと飲めない時もありますよね。

温かいものは臭いが強くなります。

そんな時は、冷たく冷やすとサッパリして飲める場合があるようです。

あまりたくさん飲むと、お腹を冷やす可能性もあるので適度な量を心がけてください。

妊娠中は飲んではいけない飲み物

食べれないときは、飲み物だけでも飲んだ方がいいとはいえ、何でもいいわけではありません。

妊娠中は飲み物の刺激で子宮が収縮して、流産や早産の引き金になる事もあるのでよく厳選してください。

特に妊娠中に飲んではいけないものは以下の通りです。

カフェインの入っているもの

コーヒーや緑茶にはカフェインが含まれています。
カフェインを取り過ぎると低体重児が生まれるというデータが出ています。

だいたいカフェインを取る量は、1日に150mgぐらいまでならいいと言われています。
コーヒーで言うと1日に2杯までです。

カフェインはコーヒーに限らず、緑茶、ココア、紅茶、ウーロン茶、コーラなどにも入っているので飲む時は注意が必要です。

とは言え、飲み過ぎがダメというだけで飲みたいのに我慢するというのは逆にストレスが溜まって赤ちゃんにも影響を与えます。

ほどほどの量を飲むぐらいなら影響しないので、絶対ダメというよりはストレスをため込まないようにする事の方が大切です。

アルコール

一般的には、妊婦にアルコールは絶対にダメ!と言われていますが週に何回か適度な量なら問題ないと言われています。

その辺はかかりつけの産婦人科の先生に相談してください。

適度な量のアルコールはリラックスできますし、我慢してストレスをため込むぐらいなら節度を守った量を飲む方がお腹の赤ちゃんにもいい影響を与えます。



ストレスを感じると子宮が収縮してお腹の赤ちゃんに悪影響を与えますからね。

まとめ

今回は悪阻(つわり)中でも飲めたという声の多かった飲み物をご紹介しました。
悪阻(つわり)は人それぞれなので、飲める人もいるし無理な人もいます。

一度試してみて、これなら飲めるという飲み物を探してくださいね。
何も口にしないのが一番危険な事です。

気分的な事も関係してくるので、リラックスできる音楽を聴いたり、散歩に出て気分転換をする事も大事です。
食べれないからとそれにこだわる事はありません。

つわりは気分的な事が関係している場合が多いからです。
友達と楽しく話している時は、悪阻(つわり)の事を忘れていたって事はないですか?

あまり深く悩まない事も大切ですよ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です