孤立が長引くとうつになる?うつの自己診断方法や回避方法をご紹介

孤立と聞くと何だか寂しい感じがしますね。
でも孤立は気の持ちようですよ。

あまりにも自分が孤立していると深く思うと、そこから気持ちはどんどんふさぎこんで、ひどくなるとうつになるかもしれません。

そこまでいくと、一種の被害妄想と同じです。
孤立しているという気持ちが自分を追い込んで、うつになってしまうケースです。

そんなことにならないように、気持ちを切り替えてみませんか?

孤立は寂しい事ではありません。
孤立を卑下する事はありません。

もしあなたが今、孤立してうつになりそうならこの記事を読んで自分を強くしてくださいね。


うつの症状

最近では、うつは誰でもがかかりやすい心の病です。
ストレス社会の現代では、不思議ではありません。

でもうつは何でもない人からしたら、ただの甘えに思われる事もあります。

本人は必死で周囲に適応しないといけないと頑張れば頑張るほど、ストレスは大きくなってうつはひどくなっていきます。

うつになると何もする気が起こらなくなり、訳もなく涙が出てきたり、ふさぎこんだり外出や人と接する事も出来なくなります。

ひどくなるとご飯を食べることもできなくなり、覇気がなくなりずっと寝たまんまという人もいます。

自分を責めたり、消えたくなったりして最終的には自分で自分の命を・・・ということもあります。

まだ初期症状の頃は唾が飲み込みにくかったり、喉が渇いたり体が重かったり、不眠症になったり・・・
このころに何らかの手を打てばひどくならない事もあります。

もし自分がストレスを感じて生きにくいなって感じた時は、自己診断テストをしてみてください。

>>>うつ自己診断テスト

チェックをして自分がうつだと思った人は早めに病院に行ってくださいね。


孤立が引き起こす寂しさ

孤立が全て悪いとは思いませんが、人間は一人では生きていけないと言われています。

関わりたくない人間関係が煩わしいと思う人もいるかもしれませんが、社会では人と関わる機会がたくさんあります。

学校や会社は一つの組織で集団行動が義務付けられています。
でもみんながみんな誰とでもうまくやっていけるわけではありません。

それなりに我慢して合わせている人もいます。
そんな人たちの中にも、どうしても集団に溶け込めない人もいますよね。

それを自分は孤立していると思いこんでしまうんです。
孤立が引き起こす寂しさは大きいです。
寂しいと同時に、どうしてみんなとうまくやっていけないのかなと自分を責めている人もいるでしょう。

孤立が寂しいと感じる人はメンタルを鍛えてください。
孤立を恐れないで自分を強くする方法!メンタルを鍛えるには孤立が一番!

メンタルを鍛えれば寂しいと感じる事はなくなりますよ。

考え方を変える

孤立していると考えるから寂しくなったり、うつになったりするんです。
孤立は決して寂しいものではなく、逆に自分の時間が増えて楽しいと思うようにしてください。

連絡を取れるのは親や兄弟だけでもいいんです。
友達がいないと自分を卑下する事はありません。

本音を話せる人は数人いれば十分ではないですか?
友達が多いのが偉いわけでもないですよ。

むしろ、一人の方が好きな事を出来るし、趣味や仕事、勉強などに集中できますよ。

無理矢理人に合わせていると知らないうちにストレスが溜まって、それがどんどん大きくなると取り返しのつかない事になる事もあります。

本当の自分を見失う事にもなります。

自分の軸を持っている人はぶれる事はありません。
あなたがもし孤立を耐えられないと感じているという事は、本当の自分を見失っているのかもしれませんね。

そんな時は自分のやりたい事をよく考えてみてください。
本当の自分を取り戻せるかもしれませんよ。

回避方法

ここで本当の自分ってどういう風に取り戻せばいいのかわからない人にアドバイスです。

ノートに書き出す

まず自分のやりたい事や長所をノートに書きだしてください。

この時はどんな小さい事でも、逆に出来そうもない大きなことでもいいので何でも書いてください。

その中から実際、自分でできそうな事をピックアップ。
ピックアップしたものをランキングしてください。

そしてその順番に集中してやってみる。
それが出来れば次にやりたい事に挑戦してみる。

これを繰り返していけば自分の中で小さな成功や達成感を味わうことができ、自分に自信が持てるようになります。

それにやりたい事に集中している間は孤立なんて感じている暇もありません。
それらがすべて達成できるころには、あなたはきっと変わっているでしょう。

自分から進んで人の輪の中にも入っていけるようになっているはずです。
ぜひ試してみてくださいね。


まとめ

今回は孤立が長引けばうつになるかもしれないという事をお伝えしました。
ちょっと話がそれてしまいましたが、ノートに書きだす方法は有効的なので悩んでいる人は実践してみてくださいね。

まず孤立は恥ずかしい事ではないという事を分かってほしいです。
ひとりでも何も困る事はありません。

高校も行きたくなければ通信制という方法もありますし、会社に行きたくなければ独立という方法もあります。
最近は選択肢が多いので、自分を押し殺してまで合わせる必要がないのでいいですよね。

自分を守るのは自分です。
自分の無理のないように生きていきましょう。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です