旦那が子育ての大変さを理解してくれない!分からせる上手な方法とは?

子育て真っ最中の時は、自分だけが大変だと感じるママはたくさんいますよね。
旦那さんは帰ってご飯を食べたらお風呂に入って寝るだけ。

それを見ていたら、

 
どうして私だけが・・・

て旦那さんにムカつくと思います。

何とかして旦那さんに、子育ての大変さを分かってもらおうとキーッとなっているママのために理解してもらう方法をまとめてみました。

子育ての大変さ

子育てをした事のある女性なら分かると思いますが、初めての育児は分からない事ばかりで今までとも環境がガラッと変わり戸惑いますよね。

朝から夜寝るまでワンオペ育児に加えて家事や旦那さんの世話と、自分の時間は全然ないのでフッとむなしく感じ悲しくなる時もあります。

これは育児ノイローゼに近い状態です。



確かに夜泣きがひどい赤ちゃんや後追い、人見知りをする赤ちゃんの場合は、ママしか対処できないので疲れてしまいますよね。

わかります。

私も長女はひどい夜泣きと人見知り、後追いでトイレすらいけなくて戸を開けたまま用を足していました。

実家に預けたくても人見知りがひどくて泣くのでどこにも預けられなくて・・・

ヤクルトレディになって少しでも離れて、さらに収入があるならラッキーと面接に行きましたが、託児所でも泣き過ぎてチアノーゼ状態になり預かる事が出来ないと面接に落ちてしまいました。

長女の世話はどこに行くにも何をするにもの私しか出来なくて

 
いつまで続くの(泣)

って悲しくなりました。

でも安心してください。
いつかは必ず終わる時が来ます。

旦那は理解していない?

世の旦那さんは、ほとんどの人が子育ての大変さを分かってないと思います。
そもそも人間は自分がしている事がいちばん大変だと思っているからです。

私の場合も、旦那は全然わかってくれませんでした。
自分も仕事で遅く帰ってきて疲れているんだからと、私の話はまるで無視。

それどころかせっかく寝かしつけたのに、夜遅く帰ってきて抱いて起こしてしまう始末。
また寝かしつけるのに長い時間、添い寝をして。

 
もう、どれだけかけて寝かせたと思ってるの?

ってよく怒ったもんです。

その日一日あった大変な出来事を話してもテレビばかり見て、私の話は聞いていませんでした。

 
聞いてる?
 
聞いてるよ
 
じゃあ、今何を言ったか話してみて
 
ごめん。聞いてなかった

こんなやり取りは日常茶飯事。
夜の中の旦那さんは、ほぼこんな感じではないかと思います。

旦那に分からせる方法

子育ての大変さを旦那さんに分かってもらうにはいくつか手段があります。
段階を踏んで徐々に分かってもらうようにしましょう。

第1段階 旦那さんに大変さを話す

まずはどれだけ大変かを理解してもらえるように話してみてください。

思いやりのある優しい旦那さんなら話しを聞いてくれるし、理解もしてくれます。

その時は一方的にまくしたてるのではなく、落ち着いて話してくださいね。



感情的になると旦那さんも聞く気がなくなります。

第2段階 出来るだけ手伝ってもらう

出来るだけ、育児に旦那さんを参加させてください。
例えばお風呂に入れてもらうとか、ミルクやごはんをやってもらうとか、おむつを変えてもらうとか。

子供と触れ合う事で旦那さんも実感がわき、可愛いとかいとおしいという感情が芽生えます。

男性は自分がお腹を痛めて産んでいないので、自分の子供という意識が女性より薄いと思います。

反応するぐらい大きくなるまでは、可愛いとかの感情が湧かないんです。

また触るのが怖いと感じている男性もいます。
もし何かあったらどうしようという不安が、子供を触ることから遠ざけている場合もあります。

少々、変な事をしても怒らずに旦那さんが手伝う事で助かった事を言葉にするようにしてください。

おだてられたら旦那さんも機嫌が良くなり、どんどん育児に参加してくれるようになります。

第3段階 1日旦那さんに預ける

思い切って旦那さんが休みの時に、全てを旦那さんにまかせて買い物に行くとか友人とランチに行くとかしてみてください。

子供と離れることで気分もリフレッシュするし、少し離れるだけで子供の事がいとおしくなります。

母親とはそういうものです。
自分の中では子供はもう生活の一部になっていることを改めて感じるでしょう。

旦那さんも丸1日、子供と関わることで妻の大変さを理解してくれますよ。

それでも無理なら

これだけやっても旦那さんが理解してくれない場合は、もう諦めるしかありません。
ワンオペ育児を頑張ってください。

子育ての大変さは、ずっと続くわけではありません。
いつかは終わり、手が離れた事を寂しく感じる時が来ます。

辛いと感じていた時のことが懐かしくなる時が来ます。
それまで思い切り子育てを楽しんでほしいです。

仕事の分担を考える

そしてここで良く考えて欲しいのが、夫婦の仕事の分担です。
専業主婦になるという事は、主婦業が本業です。

旦那さんは外で仕事をするのが本業です。

主婦は家事の他にも育児も含まれています。
旦那さんの稼ぎのおかげで専業主婦として家にいる事が出来るんです。

外で働くという事は相手がいる事なので、自分のペースで進められません。
でも家事や育児は違いますよね。

夜泣きがひどければ一緒に昼寝をするとか自分のペースで家事や育児をこなしていけます。

そう思ったら旦那さんの方が家族を守るためにもっと苦労して頑張っているんです。
相手の立場に立って考える事も大事です。

妻が笑顔で家庭の雰囲気が良ければ、旦那さんも安心して仕事にいけるし家庭が円満にいきます。

まとめ




いかがでしたか?
確かに子育て真っ最中は、二人の子供なのに自分だけが大変な思いをしていると思いこんでしまいます。

旦那さんに理解してもらいたいという気持ちもわかります。
でもそんな事にイライラしていても精神的に辛くないですか?

それなら自分の気持ちを切り替えた方が毎日がもっと有意義になりますよ。
フォーカスする部分を少し変えるだけで、生活はもっと楽しいものに変わります。

そんな考え方もあるんだという事を分かってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事⇒子育てがいちばん大変なのは小学生?学校行事や金銭面が特に大変!



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です