子育てのイライラに効くおすすめの漢方3つをご紹介!

子育てのイライラを抑える薬ってある?
漢方なら長い期間のんでも安心だよね。
おすすめを教えて!
オッケー!

子育てのイライラを薬で抑える方法もあります。
心療内科に行くと、抗不安薬などを処方してくれますが、副作用で眠くなる場合も・・・

そんな時におすすめなのが漢方薬です。

子育てをしているとイライラはつきもの。
自分だけと落ち込まないで。



イライラして子供に当たって後悔しているママはたくさんいます。

心に余裕がなくなっている時は、些細なことでも怒りっぽくなって自分自身が嫌いになることも。

無理に我慢をする必要もないです。
今回は子育て中のイライラを漢方で抑える方法についてまとめてみました。

イライラが我慢できないという人は一度、試してみてくださいね。

イライラに効く漢方

漢方もたくさんありますよね。
「どれを飲んだらいいのかわからない」って人のために、イライラに効く漢方を3つご紹介します。

抑肝散(ヨクカンサン)

神経や感情をコントロールしてくれる漢方です。
気持ちが高ぶりやすい人や日頃からイライラしやすい、怒りっぽい人などにおすすめです。
副作用もなく、眠気もおこりません。

体の緊張もほぐし、筋肉のこわばりをほぐす効果もあるので、肩こりなどにも効果的です。
イライラして眠れない人にも緊張がほぐれるので、スーっと眠りに入る事が出来ますよ。

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

この漢方は上記の抑肝散と同じですが、胃腸の弱い人用に処方されています。
体力が低下している人はこちらの漢方の方がいいでしょう。

加味帰脾湯(かみきひとう)

ストレスによる憂鬱や不安感を改善し、沈静効果があります。
イライラというよりはクヨクヨした人に向いています。
不安感が多くて、よく眠れない、線が細いなど血のめぐりの悪い人はこちらの漢方の方がいいでしょう。

なぜ漢方がイライラに効く?

西洋医学に対して、漢方は東洋医学。
体に害がなく長期間飲み続けても安心と言われていますが、その代り即効性はありません。

東洋医学は、昔中国から伝わった中医学の事です。
中医学では内臓を5つに分けています。
心(しん)、肝(かん)、脾(ひ)、肺(はい)、腎(じん)の五臓です。

同じく中国から伝わった風水も同じですね。
風水の五行説は、木・火・土・金・水(もっかどごんすい)
中医学もこの五行にあてはめて考えています。

お互い相克(そうこく)相生(そうじょう)しながらバランスを保っています。
相克とは抑制する事、相生とは助け合う事です。

中医学ではイライラするのは、体の中の「気」のめぐりが悪いと考えられています。
気が滞るとイライラや不安感などが溜まってしまいます。

五臓の中でも肝(かん)は、血液を蓄え調節する働きを持っています。
血液の流れがいいと新陳代謝も良くなり情緒も安定すると言われています。

逆に血の流れが悪くなったり不足すると、ストレスに弱くなりイライラしたり怒りっぽいくなります。
なので、「肝」には神経や感情をコントロールする役割があると言われています。
肝の乱れを整える事が必要です。

子育て中のイライラ

子育て中のイライラは誰でもある事です。
イライラして子供を怒鳴ってしまった。叩いてしまった。

そんなママは自己嫌悪に陥り、自分を責めます。
でもまた子供を怒って落ち込むという負のスパイラルで、毎日が憂鬱になっているでしょう。

今までも子育てのイライラについて、記事を書いてきました。

詳しくは以下の記事を読んでくださいね。
イライラしない6つの子育て法!育児本は見るな!

今回はもう一つ、子育てのイライラから救われる方法をお伝えします。

それはNHKのEテレで放送されている「すくすく子育て」という番組です。

子育て情報やママが抱えている質問に専門家がアドバイスをしてくれます。

同じように子育てをしているママたちの悩みは共通するものが多いと思います。

1人で解決できない人は「すくすく子育て」を見てくださいね。

本を読む時間もなかなかないと思うので、テレビなら録画をしていてもいいですし、育児や家事をしながら見ることもできますね。

すくすく子育ての内容

Eテレ(教育)
毎週土曜日 午後9:00〜9:29
再放送 土曜 午後0:00〜0:29

子育てに関する悩みや疑問をテーマに、よりよい子育てを考える育児応援番組です。

全国から寄せられた子育ての疑問・悩みを紹介しながら専門家と一緒に育児について考えてくれます。

出演者はイクメンで知られているアンガールズの山根さんと優木まおみさん。

山根さんは2015年に女の子が出来てインスタでもイクメンぶりを披露しています。

優木まおみさんは2014年と2017年に女の子を出産している2児のママです。

番組では子育ての疑問を募集しています。

ネットで検索しても出てこない疑問があるなら、番組に質問すれば専門家が的確なアドバイスをくれますよ。

まとめ

今回は子育てのイライラに効果的な漢方をご紹介しました。

漢方は体に害がない分、効くまでに時間がかかります。

漢方だけに頼るのではなく、なるべくイライラしないように外出したり、実家や夫に預けて1人になる時間を作ることも重要です。

イライラするのは、真面目なママに多いです。

「このぐらいは、まぁいいか」というぐらいの大きな心を持つことで、少しでもイライラを緩和することができますよ。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒子育て中の育児ストレスの原因は?よくある悩みと解決法をご紹介!



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です