3歳の子供は第一反抗期!しつけの仕方で今後の性格が決まる!

「三つ子の魂百まで」という昔のことわざ通り3歳までに受けた影響は、その後の性格に大きく影響すると言われています。

でも3歳と言えば第一反抗期。
ほとんどのママがの仕方で悩んでいるのではないでしょうか。

何をするのも「イヤ」で、逆の事ばかりしてママを困らせます。

 
いったい、どうやってしつけたらいいんだろう・・・

育児書を読んだり、ママ友に相談したり、自分の親に聞いてみたり、なんとか解決する方法を探していると思います。
今回はそんな3歳の子供を持つ悩めるママに躾の仕方を伝授します。


3歳の子供のしつけ方

まず一番知りたい3歳の子供のしつけ方からお伝えします。
3歳の反抗期の子供に「ダメ」と抑えつけるのは逆効果なのでやめてください。

「ダメ」という言葉は、子供が自分のすることを認めてもらえないと勘違いしてしまいます。
なので「ダメ」ではなく「~して欲しい」という言葉に変えてみてください。

お友達を叩く子供なら「そんなことしたらお友達が痛くて可哀想だよ。ママもされたら嫌だな~」って言う風に子供が自分で考えるように言い方を変えるんです。

子育ては長期戦です。
いちいち、子供のする事にイライラしていては、ママも疲れるしストレスが溜まる一方です。

しつけがうまくいかないと自分で自分を責めてイライラがさらに大きくなり、最後には自分を許せなくなります。

言い方を変えるとともに自分の思考を変えることも大切です。

子供が怪我もなく一日元気で過ごせたら、それが一番最高!

そういう考え方でしつけをしてください。
怒るのはあくまで危険な時だけです。

後は怒らなくても、子供が自分で気づいて自然と親を困らせる事がなくなってきます。

3歳は第一反抗期

3歳の子供は第一反抗期で、イヤイヤ期でもあります。
なにをいっても「いや」そしてあまのじゃくで、親の反対の事ばかり言ったりしたりするややこしい時期です。

可愛いと思う反面、イヤイヤが始まるとつい怒ってしまいますよね。

頑張っても頑張ってもうまくいかない時は、自分のやり方が間違っているのかなって不安になると思います。
でも反抗期はあった方がいいので安心してください。

反抗するという事は自分の意思があるということです。
逆に反抗しないで素直に親のいいなりになっている子供の方が怖いと思いませんか?



子供は自由奔放なのが本来の姿です。
本能のままに生きている方が子供らしいのです。

子供が思い通りにいかない

子供が自分の思っていた通りにしてくれないと、自分のしつけ方が悪いのではないかと不安になって落ち込むママもいますよね。

でもそれはママのせいではないので安心してください。

他の子供がいい子だったり、ママ友と話していても「うちの子は反抗しないよ」なんて言われると余計に不安になると思います。

でも子供にはそれぞれ個性があるので、そう不安になる事もありません。
育てやすい子供もいればママを無理矢理、困らせて満足する子供もいます。

人は十人十色。

育児書通りにはいきません。
育児書は平均的な子供をベースに書いているので、それから少しぐらい外れても問題ないです。

子供に合わせたしつけ方をすればいいんです。

イライラする

とは言っても子供が反抗するとイライラしますよね。
神経質なママだと投げだしたいけど、投げだせないので精神的に追い詰められる場合もあります。

 
私は母親失格なの?

そんな風に失望しないでください。
だれでもイライラするのは当たり前という考えを持って子供に接してください。

子供は、この世の中でママが一番大好きです。
もっと自信を持って!

イライラする原因

3歳の子供に限らず、育児中はイライラすることが多いです。

そのイライラはどこからきているのでしょうか?
主にぐずり、イヤイヤ、泣き叫び、暴れる事が原因だと思いますよね。

でもそれだけではないんです。

実はイライラの原因のもう一つに、たいていは下にも子供がいるのでママの疲れがピークに達している事が多いです。

疲れている時にぐずられたり、いう事を聞かなかったり、道端で仰向けになるって大泣きされたら、ママの怒りや我慢も限界に達しますよね。

でもちょっと待ってください。
3歳までの子供はママの怒った顔や声、そしてその時感じた恐怖をずっと覚えています。

それがトラウマになってしまう場合もあります。
イライラするのは分かりますが、そんな時期はいつか必ず終わりが来るという事を頭に置いておいてください。

子供の困った言動は、一時的な事が多いです。
ほとんどは自然となくなります。

どうしても我慢できない人は、子供の言動に対処する方法を決めておくことです。

  • ご飯を投げつけた場合は、ご飯を取り上げる。
  • 道端であおむけになって泣き叫んでいる時はおさまるまで、じっと見ている。

など子供がこんなことしても無駄だという事を自分で分かるように仕向ける事です。
周囲の人には少し迷惑がかかるかもしれませんが、謝りながら子供には大きな目で見守ってください。

もしかしたら周囲に謝っているママの姿を見て子供自身が自分を反省するかもしれません。

子供の心理

子供はぐずってママを困らせることで、親の愛情を感じ安心感を得ます。
かまってもらい、相手をしてもらう事で子供の心が元気に育っていくんです。

これは子供が成長するのに欠かせない事です。
ぐずったり、泣いたり、暴れたりするのは成長のあかしだと割り切ってください。

子供はそうするしか親とのコミュニケーションをとる事が出来ないんです。
そう考えると、ぐずるのさえ可愛く思えてきますよね。



3歳なんてまだ考え方が幼稚です。
感情を上手に伝える事が出来ません。
その辺は親がくみ取っていかなければいけないところですね。

まとめ

3歳の子供のしつけは大変だと思いますが、根気強く「し続ける」事が「しつけ」です。
イヤイヤ期はほっておいても、そのうちなくなります。

こどものしつけって長い人生の間のほんの数年間です。
楽しみながらやってほしいです。

子供はあっという間に親の元から離れていきますからね。
一緒に過ごせる時間、ママを大好きと思ってくれてる時期を大切にしてほしいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事⇒魔の2歳児と言われる子供のしつけ方は?ポイントやコツをご紹介



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です