在宅で仕事するときに資格は必要?あると有利な資格をご紹介!

在宅で仕事をしようと思ったら何か資格がいるの?
う~ん。何がしたいかによるよね。
  • 外で働きたくない
  • 人間関係が苦手

という人はたくさんいるのではないでしょうか。

でも今は在宅でも仕事ができるようになってきました。

朝早くから夜遅くまで、会社に拘束されてお給料をもらう時代は終わってきましたね。

「でも在宅で仕事って何か資格がいるんじゃないの?」って悩んでいる人が多いのも事実。



そこで今回は在宅で仕事をするときに、必要な資格はあるのかについてまとめてみました。

自宅で仕事をしたい人は参考にしてくださいね。

在宅の仕事

外に出て人と接するのが好きな人には、家に引きこもって仕事をするのは耐えられないと感じるかもしれませんが、在宅で仕事をしたいと思っている人はたくさんいると思います。

子供が小さい時や人間関係が苦手な人には在宅の仕事は助かりますよね。

でもそんな在宅の仕事にもやはりメリット・デメリットがあります。

順番に説明しますね。

メリット

在宅で仕事をするメリットは、時間にしばられない事!
これが一番だと思います。

  • 朝早くから満員電車の乗らなくてもいい
  • 時間があるときにまとめて出来る
  • 自分のライフスタイルに合わす事が出来る
  • 子供のそばにいられる
  • パジャマで仕事ができる
  • 嫌な人間関係を我慢しなくてもいい

などなど、メリットはたくさんありますね。

デメリット

物事にはいいことと悪い事の両方が存在します。

いい事ばかりではありません。

在宅で仕事するうえでのデメリットは・・・

  • 孤独になりやすい
  • 怠けてしまう
  • 時間管理をきっちりしないといけない
  • プライベートな時間がなくなる

マイペースで仕事ができる反面、意志の弱い人はつい怠けてしまう可能性があります。

この時間は仕事に集中するという時間管理も大切になってきます。

やはり、在宅とはいえ仕事ですからね。

資格は必要?

資格がなくても在宅で仕事をすることができます。

でもあればその人のレベルが分かるので、採用されやすくなりますよね。

そこで今回は、在宅の仕事に役立つ資格について調べてみました。

持っていると有利な資格

パソコンで出来る仕事のおすすめはこちらの記事でも書いているので、合わせて読んでくださいね。
パソコンで稼げる仕事は?自宅でできるおすすめランキング6

資格も民間資格と国家資格と2種類あります。

パソコンを使って仕事をする上で、欠かせないのがWEBに関する資格。

その中でもWEBデザイナーは特に需要があります。

と言ってもWEBデザイナーにも様々な資格があります。

WEBデザイナーは、Illustrator(イラストレーター)や、Photoshop(フォトショップ)、Fireworks(ファイヤーワークス)などのソフトを使ってキャラクターのアイコンを作ったり、バナー作成をしたり、WEBデザインのレイアウトを決めて美しいホームページ制作をする仕事です。

まずは民間の資格からご紹介しますね。

WEBクリエイター能力認定試験

WEBクリエイター能力認定試験は、HTML・CSSに関する基本的な知識や簡単なWEBページ作成能力から、フォーム・オブジェクトの配置といった応用的なWEBサイトデザイン能力まで、ホームページ構築に関する技能を勉強します。

受験料 5,600円(スタンダード)
7,100円(エキスパート)

ホームページ制作能力認定試験

企業やお店の顔となるホームページを制作する資格です。
HTML編集ソフトを使用し、見栄えのよいホームページを制作するための標準的な能力を身につける事が出来ます。

受験料 4000円

ネットマーケティング検定

マーケティングのスキルは商売をする上で必須のものです。

受験料 5800円

Illustrator(イラストレーター)クリエイター能力認定試験

後で紹介するPhotoshop(フォトショップ)と同じくデザイン業界では使えて当たり前のソフトです。

このソフトの機能を実務で効果的に応用するための技術を習得します。

受験料 スタンダード 7200円
エキスパート 8200円

Photoshop(フィトショップ)クリエイター能力試験

Photoshop(フォトショップ)はIllustrator(イラストレーター)と同じくデザインをする上で欠かせないソフトです。

でも扱うのはちょっと難しく、そのためこの資格を持っていると有利です。

受験料 スタンダード 7200円
エキスパート 8200円

上記の試験はいずれも株式会社サーテイファイが主催です。

ここからは公的な資格をご紹介します。

カラーコーディネーター・色彩検定

色の性質や特性を学び、生活やビジネスにおいて効果的な活用を習得する色のスペシャリストです。

ホームページを制作するうえで訪問してくるお客様の見やすい色使いを提案する事が出来ます。

1995年から文部科学省後援の資格になりました。

通信でも勉強できます。(9800円~)

受験料 6000~15000円

WEBデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、厚生労働省が国家検定制度である技能検定制度の一つとして認定しています。

管理しているのは、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会です。

検定は1級~3級まであり、筆記と実技の2部に分かれています。

この資格は、WEBサイト制作に必要な知識やスキルを身につける事が出来ます。

WEB業界では唯一の国家資格なので、この資格を持っていると在宅での仕事は有利です。

受験料 10000円~32000円

とまあ、色々持っておいて損はない資格をご紹介しましたが「じゃあ、絶対必須の資格は?」って言うのが気になりますよね。

取るべき資格

パソコンを利用して仕事をしたい方は上記のような資格が有利だと思います。

でも私が思うに資格は必要ないと思います。

自宅で自分でやりたいという前向きな姿勢があれば資格なんてなくても自分のできる仕事を探せばいいだけです。

最近では、自宅を仕事場にというキャッチフレーズが流行っていますね。

それが「サロン」です。



今は、いろんな習いごとがありますよね。

「サロネーゼ」という言葉もできて自宅を職場として生き生きと働く女性が増えています。

自宅をサロンにするためには、人に何か教える事が出来る資格が必要です。

でもこれらの資格は、民間の受講すれば最終的にその資格を持っていると名乗れるような、いわば「のれん分け」のようなものです。

言い方を変えればフランチャイズとも言えますね。

私も様々な習い事にお金を使い、自宅で教えようと頑張りました。

  • フルーツカッティング
  • デコ巻き寿司
  • キャンドル
  • カービング
  • アイシングクッキー
  • パン
  • アクセサリー作り
  • アロマ風水
  • アロマテラピー
  • 酵素スイーツ
  • つまみ細工

途中で挫折した習い事もあります(笑)
とにかく外で働きたくなかった私は、なんとか家で仕事ができないかと無我夢中でいろんな習いごとに手を出してしまいました。

今思うと、本当にバカだった・・・

最終まで受講して修了証をもらった習い事もあるのですが、教室を開くには会費として年間いくらか払わないと出来ません。

それにこれらの習いごとは、最初に数十万円かかります。

初期投資出来るなら自宅で教室という考えも賛成です^^

でもいざ、教室を開こうとしてもそこに必要な物はやはりパソコンのスキルです。

自分のホームページを作って集客をしたり、チラシを作って近所にまいたりと自分の教室をアピールして認知してもらうまでには時間がかかります。

私はやっていませんが、その他にも自宅で開業できる資格をご紹介しますね。

これらは通信や通学で資格を取る必要があります。

  • ネイリスト
  • ポーセラーツ
  • ベビーマッサージ
  • 耳つぼジュエリー

自分のやる気次第で在宅でも仕事が出来るのが今の時代です。

内職のような地味な仕事ではなく、華やかに自宅をサロンにするのもあなた次第です。

まとめ

在宅で仕事をするときにおすすめの資格は何かという事についてまとめてみました。

結論は「資格は必要ない」という事です。

ただし、サロンをするなら、今ある講座にお金を出してそのネームバリューを利用させてもらうためにも資格を取る必要があります。

あなたにクリエイティブな力があるのならサロンはピッタリだと思いますよ。

そういう力がないのなら、まずは、こちらの記事に書いているようにデータ入力から始めて、自分のスキルを磨いていく。
主婦の在宅ワークのオススメは?データ入力の仕事内容をご紹介

そして次のステップに移るというコツコツした方法が遠回りのようで実は近道なのかもしれません。

パソコンに慣れておくと、いろんな場面で役に立ちますよ。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒初心者が取り組みやすいおすすめのネットビジネスをご紹介!



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です