別居しても生活費は払いたくない!払わなくてすむ方法ってある?

別居が決まれば、相手に婚姻費用という名の生活費を支払う義務があります。

でも別居するぐらいだから、そんなお金は払いたくないというのが人間の心理ですよね。

でもこれは法律で決められているので避けられない事なんです。
相手が請求してくれば、払わなくてはいけないんです。

そこで今回はこの別居中の生活費を少しでも払わなくて済む方法はないのか、色々調べてみましたので参考にしてくださいね。


別居中の生活費

別居している相手の生活費は、収入の多い方が婚姻費用を支払う義務があります。

たいていは夫の方が多いので、別居となると夫が自分の年収に見合った額を毎月妻に支払う事になりますよね。

「どれくらい支払うの?」って人は婚姻費用算定表があるのでそれを参考にしてくださいね。

養育費、婚姻費用算定表

でも稀に妻の方が収入が多いという時もありますよね。

そんな時は妻が夫に別居中の婚姻費用を支払う事になります。

婚姻費用を支払っても離婚しないで別居がいいという人はそれでもいいですが、別居したいほど嫌な相手の生活費を支払うなんて普通は出来ません。

そこでこの生活費を支払わなくて済む方法はあるのか?調べてみました。

別居中の生活費を払いたくない

実際に別居中の生活費を支払わなくて済むケースもあるそうですよ。
人にもよりますが、別居を考えるという事は、もう相手に対する気持もなくなっている可能性がありますからね。

そんな人は「余分なお金なんて払いたくない」っていうのが人間の心理です。
そこで払わないためにはどうしたらいいのか、色んなパターンでご説明しますね。

離婚する

絶対に支払いたくないって言う人は、特別な理由がない限り、サッサと離婚した方がいいです。

離婚する時は、財産分与が発生します。
場合によっては慰謝料が発生するかもしれません。

子供がいる場合は親権や養育費など決めなければいけない問題がたくさんあります。
それらが片付くまで離婚は成立しません。

なので、話を長引かせないように離婚へ向けて突き進んでください。
でないと、別居している間はずっと相手の生活費を支払わなければいけないんです。

子供がいない時は離婚すれば、もうそこで相手とは縁が切れます。
顔を合わすこともなく「今月の生活費がまだ振り込まれていない」とかのやりとりもしなくてすみます。

そういう意味では、生活費を払いたくない人はさっさっと離婚をしてしまうべきです。

別居中の相手が無収入の場合

妻、夫に限らず別居中の相手が無収入だった場合、収入のある方が相手に生活費を支払わなければいけません。



これは自分の収入に見合った額です。
その時も婚姻費用算定表を基準にします。

妻の場合、収入があると言っても男性の用に年収が1000万円とかにはならないと思います。

そうすると、男性も妻からもらえる少ない生活費で生活していくのは苦しくなります。
なので、バイトでもいいからもう少し生活費が欲しくなりますよね。
そうなると、婚姻費用は減額されます。

専業主婦(夫)の場合とは違い多少でも収入があるので支払う生活費も減額されるというわけです。

なので、相手が働いているかどうか調べてください。
自分の収入が少ないから生活費は払えないなどの嘘の申告はばれるのでやめた方がいいです。

相手に非があれば支払わなくていい

相手のDVやモラハラが原因で、相手を家から追い出す場合もあると思います。
相手は、別居を理由に生活費を請求してくるかもしれません。

でもこんな場合は、支払わなくてもいいのです。
それには、自分がDVやモラハラにあっていたという証拠が必要です。

もし、あなたがDVやモラハラにあって家を出て行った時は、逆に生活費をもらってください。
別居になった理由が相手にあるからです。

別居をするのも相手を追い出すのも自分の心身を守るためです。
それを訴えれば相手を追い出して別居になっても生活費は払わなくていい場合もあります。

詳しくは専門の弁護士さんに相談してくださいね。

相手が浮気をしていた場合

これは別居中の生活費を払わない方法ではなく、相手に仕返しをする方法です。

相手が浮気をしていれば、相手は別居というよりも早く離婚をして欲しいと思うでしょう。
浮気相手と早く再婚したいかもしれませんからね。

でもあなたが離婚したくない、再婚なんてさせたくないと思う場合は、別居のままでもいいと思います。
その方が相手は再婚も出来ずに、別居相手であるあなたに生活費を渡さなくてはいけないので出費が増えます。

そうなると浮気相手ともうまくいかなくなるかもしれません。
別れてあなたの元に戻ってくるかもしれませんね。

その時に寄りを戻すか本当に離婚するかはあなた次第です。

婚姻費用はさかのぼれない

婚姻費用はさかのぼって請求する事は出来ません。
なので、別居しても何かと言い訳をして生活費を払わないようにする方法です。

要求された生活費に納得がいかないとか、給料が減るかもしれないとか色々言い訳をして話し合いをこじらすのです。

そのうち、別居から離婚に進めば、結局生活費は支払わなくて済みます。



やり方はちょっと汚いですが、これも一つの手だという事を覚えておいてください。
でも相手が弁護士を立ててくれば、この方法は使えないかもしれません。

まとめ

払わなくて済むお金は誰でも払いたくないですよね。
今回は、別居中の生活費を何とか払わないですむ方法について調べてみました。

でもたとえ何年かでも夫婦として一緒に住んでいた相手にお金を払うのも誠意だと思います。
縁がなくて別居になっても離婚になっても、一時は好きだった相手ですからね。

自分が出来る事をしてあげるのも「たつ鳥あとを濁さず」かもしれませんよ。

別居にもいろんな理由があると思います。
決して相手の事を嫌いになったから別居するとは限りません。

なので自分たちの気持ちを大切にして、一番いい方法をとってくださいね。

今回の記事が参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です