別居中の生活費を支払わない場合、給料は差し押さえする事が出来る?

最近、テレビでよく聞きますが「卒婚」という言葉。
別居とどう違うんだろうって気がしませんか?

別居の場合は生活費をもらえますが、卒婚で別居している場合は生活費はもらえないのでしょうか?

次々、新しい言葉が出てきて夫婦の形も変わってくるので損をしないようにしたいですね。

法律もまだそこまで追いついていないみたいだし。

でも卒婚して、一度離れて生活するのもいいかもしれないなってテレビを見ていて感じました。

少しは妻のありがたみがわかるもしれませんね。

でも今回は卒婚とは違う別居中の生活費についてです。
生活費を支払わない夫はたくさんいます。

そんな夫から生活費を確保するために、お給料など差し押さえるものがないのか?

これを知っていると別居をしても損をしなくて済みますよ。

別居中の生活費の算出

別居中はまだ離婚していないので、夫から生活費をもらう事が出来ます。

これは忘れないでください。

一緒にいるのが嫌だからと、その場の気持ちで家を飛び出してもいいですが、その後で必ず別居中の生活費を夫に請求してください。

当然、夫は「勝手に飛び出したのに、どうしてこっちが生活費を払わなくちゃいけないんだ」って反撃してきます。

その時には冷静に説明してあげてください。

そのためにも知識は持っておいた方が有利です。
詳しくはこれから説明しますが、別居中の妻の生活費は夫が出す義務があると決められています。

別居中の生活費は差し押さえできるのか?

調停をすると、調停員が婚姻費用算定表に基づいて別居中の生活費を算出してくれます。

詳しくはこちらの婚姻費用算定表を参考にしてくださいね。
養育費、婚姻費用算定表

そして調停で決まった生活費を夫に支払うように命じてくれます。

夫に支払う能力があるにも関わらず、支払わなかった時は裁判所が代わりにお給料の差し押さえなどをしてくれます。

なので、生活費の事は安心しても大丈夫だと思いますよ。

どうしても別居中の生活費を払いたくないって人は以下の記事を読んでくださいね。
別居しても生活費は払いたくない!払わなくてすむ方法ってある?

私の場合は弁護士さんから聞いた話をそのまま元夫に伝えたらすんなり、毎月10万円の生活費を支払ってくれたので調停をする事もなかったので楽でした。

その時に「支払わなかったら、会社に連絡してお給料を差し押さえてもらうからね」っていうひと言は添えておきました。

普通は離婚、生活費、別居の事など詳しくない人が多いので、それを言われればビビると思います。

本当かなって調べる人もいるかもしれませんが、会社員をしていると忙しくてなかなかそんな時間がとれない人も多いですからね。

そうなるとこちらのいい分通り、会社に離婚や別居でもめている事を知られたくない場合は支払いに応じるはずです。

でももし元夫の通帳や印鑑を預かっている場合は、離婚した時には返してくださいね。

そして、新たに生活費を振り込んでもらう口座も作った方がいいかもしれませんね。

自分のお給料と同じ口座にはしない方がいいと思います。

もし万が一、残高が分かれば「お金持ってんじゃん」ということにもなりかねないからです。

給与債権と預金債権

お給料が少ないとかローンの支払いが多くて、算定表どおりの生活費を妻に支払う事が出来ない場合は、預金債権というものを差し押さえることが出来ます。

まずは裁判所は給料債権を差し押さえますが、それでも足りない場合は預金債権を差し押さえるという事です。

なのである程度、夫が貯金をしていればその中から生活費をもらえるので安心してください。

私の場合は、夫の貯金がゼロだったので、もしお給料で支払えなかった場合、差し押さえるものがなかったのでお給料が多くて良かったです。

夫は貯金をしないタイプで、私がお給料を全て預かっていたのですが、ちょうど家と車を購入したところだったので貯金がゼロだったんです。

専業主婦の方でも別居中の生活費をGETできれば生活も安心ですよね!
専業主婦が別居するときは生活費はどうする?賢く別居する方法!

卒婚と別居の違い

丁度、テレビで卒婚というニュースがあったので、別居とどう違うのか調べてみました。

名前が違うだけでやっている事は同じみたいです。
でも気持ちが全然違いますね。

子供が巣立って、今までずっと一緒にいて頑張ってきたけど、これからはお互い好きな事をやっていこう。
そしてたまにはデートしようっていう、円満別居って感じがします。

普通は別居というと、もう離婚前提で顔も見たくないって感じですからね。

女性は年がいってひとりでも強いですから寂しいと感じないかもしれませんが、卒婚だと男性の方が寂しくなるみたいです。

そしてまた元通りの結婚生活に戻るパターンが多いみたいですね。
少し離れて妻の良さを再確認するのもいいかもしれません。

生活費はどうなる?

卒婚の時も生活費は別居の時と同じような感じ見たいです。

  • それぞれ、自分の分の生活費は自分でする
  • 相手に出してもらう
  • 財産分与をして先に分ける

卒婚と別居の違いは相手に対する思いやりかもしれませんね。

まとめ

そんなわけで、今回は別居中の生活費は差し押さえることが出来るのかについてまとめてみました。

ついでに「卒婚」と「別居」の違いについても調べてみましたが、夫婦にはいろんな形があってそれぞれが納得すればそれでいいのかなって気がします。

とにかく別居するときは差し押さえれるものがないかどうか、よく弁護士さんに相談して損をしないようにしてくださいね。

今回の記事が参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です