専業主婦が別居するときは生活費はどうする?賢く別居する方法!

専業主婦の場合、もし離婚となっても自分には収入がないからと諦めていませんか?

それなら諦める必要はありませんよ。

離婚する前に別居している場合は婚姻費用というものを旦那さんからもらう事が出来ます。

もしあなたが専業主婦なら就職先を見つけて旦那さんからもらえる婚姻費用で、十分生活していけるはずです。

まずは旦那さんの年収だとどれくらいの婚姻費用がもらえるのか調べて別居に向けて準備してください。

婚姻費用とは?




婚姻費用は別居している相手に対して、生活していけるだけの額を払う制度の事です。

結婚している時は、夫が働いてきて生活費を入れてくれますよね。

それは別居中でも継続してもらえる金額です。

まだ離婚はしていないけど、別居しているという場合は、相手側に請求してください。

私も別居中は、毎月10万円の生活費をもらっていました。

この金額は、弁護士さんに相談して、元夫の年収だとこのぐらいの金額が妥当だという事で元夫に交渉しました。

「弁護士さんに相談しました。この金額を離婚が成立するまで下さい」というと、元夫はすんなり毎月10万円を振り込んでくれました。

人によっては、どうせ離婚する相手になぜお金を払わなければいけないのかと、素直に請求に応じない可能性もあります。

なのでこの金額が正当であることを弁護士さんから話してもらった方がいいかもしれませんね。

それには弁護士費用がいりますが・・・

それでも無理なら家庭裁判所へ婚姻費用調停を申し立てることもできます。

そこまですると旦那さん側も世間体があるので、それまでに支払うと思いますけどね。

婚姻費用がいくらかわからないという人は、国で定められた算定表がありますので参考にしてください。

婚姻費用は旦那さんの年収によって違ってきます。

「表10」のところの年収の横に書いてある金額を参考にしてくださいね。

婚姻費用算定表はこちらです。
養育費、婚姻費用算定表

ただし、婚姻費用を決めた時は「婚姻費用合意書」というものを作成してください。

口約束だけだと、そのうち払ってくれなくなる可能性もあります。

財産分与、養育費などお金に関する事は全て文書にして残しておくべきです。

後々、「言った、言わない」という押し問答に発展するとスムーズにいくものもいかなくなり、精神的にも辛くなってきます。

話し合いは長引くと精神的にも辛いし、投げやりになってくるので出来るだけ手早く決めて文書にして残しておいてください。

婚姻費用は別居中はもらえる

婚姻費用は、生活費として別居中でももらう事が出来ます

まだ離婚していない夫婦なので夫が妻の生活をみる義務があるという事で作られた制度です。

でも離婚が成立したり、別居を解消すると婚姻費用は支払われなくなります。

離婚する気がなくても別居をしている間は婚姻費用をもらえるので、離れて暮らしたい人にはいいかもしれませんね。

ただし、家庭内別居は同居なので別居とみなされません。

別居は本当に家を出ていく必要があります。

まだ子供がいるので離婚には踏み切れない時は、別居と言う考え方もいいと思います。

婚姻費用の他にも子供がいる場合は養育費ももらう事が出来ます。

でも専業主婦だった人は、別居中になるべく早く仕事を探した方がいいですね。

専業主婦が離婚をする場合




専業主婦の場合、収入がありません。
なので、最初は別記の方がいいのですが、すぐにでも離婚したい場合もありますよね。

離婚する時には、順番をよく考えて離婚をしないと、生活ができなくなるので要注意です。

理想的な離婚の順番をかいておくので参考にしてくださいね。
今回は子供がいない設定で説明します。

離婚専門の弁護士さんに相談する

ただしお金をかけたくない時は、信用できる人や離婚経験のある人に相談してみてください。

私は、無料で10分間相談できる弁護士会のサービスを利用しました。

この時は聞きたい事を簡潔にまとめておくことが重要です。

10分間というとあっという間です。
離婚には、様々な問題があるので、自分が一番聞きたい事に絞るのもコツです。

就職先や引っ越し先を探す

財産分与や仮に慰謝料があるとしても、これからずっとひとりで生活していかなくてはいけないので、まず働くところを探してください。

その近くに住む場所を探せば、職場にも近いし何かと便利ですよ。

ある程度の財産分与があればいいのですが、全くない場合はまずお金をためなければ家を出る事も出来ません。

ましてや別居しても婚姻費用すらもらえなくなる可能性もなるので、そんな人はお金をためる方を優先してください。

さきに就職先を探して自分の自由になるお金をためる事が優先事項かもしれません。

離婚を旦那さんにきりだす

もう冷め切ってしまっている夫婦なら旦那さんも、すぐに離婚に応じると思います。

でも鈍感な旦那さんや浮気している、またはDVをしている旦那さんなら逆切れする可能性もありますので注意してください。

旦那さんが素直に離婚に応じない時は協議離婚は無理なので、離婚調停をする事になります。

離婚調停を有利に進めるためには、やはり専門の弁護士さんにお願いした方がいいです。

でも調停をすると言った途端に離婚に応じる男性がほとんどだと思います。

社会的な立場もありますからね。
離婚で揉めていると会社に知れたら、会社での評判も悪くなります。

ここまで来ると離婚成立ももう少しですね。


まとめ

専業主婦だった人が離婚するとなると、一番心配な事はやはり生活費ですよね。

仕事が見つかって働きだしても、お給料は1か月先しかもらえません。

離婚を決意したら、先の事までよく考えて損をしないようにしてくださいね。

それでなくて離婚に使う労力は半端ないですからね。

出来るだけすんなり離婚した方が、精神衛生上いいですよ。

離婚まで考えてない時は、まずは別居で離婚のシュミレーションをするのもいいかもしれません。

少し距離を置くと人間って感情が変わりますからね。

いつもは当たり前の事がいなくなって不便をするだけで、妻のありがたみを分かってくれるかもしれません。

この記事が参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありはとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です