「会社を辞めたい」20代の人は転職のチャンス!就職に有利な資格をご紹介!

新卒で会社に入社しても辞めたいと思っている人はいるのではないでしょうか。
全ての人が「毎日会社に行くのが楽しくてたまらない」なんて事はないと思います。

でもせっかく入った会社だからもう少し頑張ろう・・・
そう自分に言い聞かせて我慢して仕事をしているのでは?

まだあなたが20代なら、そんな考えは勿体ないですよ。

他にも働くところはたくさんあります。
会社は若い人が欲しいんです。

今の会社に不満があるなら辞めるのは早い方がいいです。
今回は20代で転職して収入がアップする仕事をご紹介します。


会社を辞めたい理由は?

大学を卒業して会社に入社した時は、初めての社会人という事で仕事に対するやる気に満ちてワクワクしている事でしょう。

でもしばらくするとそのやる気もだんだん薄れていきます。

それは自分の努力が報われなかったり、仕事にやりがいを持てなかったり人間関係がうまくいかなかったり・・・

理由は様々あります。
学生気分が抜けないのも一つの理由だと思います。

自由に好きな事をして毎日友達と楽しくワイワイやっていた生活から一転するのですから、無理もありませんが。

20代で会社を辞めたいと思った人たちの一般的な理由を調べてみました。

  • 人間関係
  • 仕事が合わない
  • 毎日がつまらない
  • パワハラ
  • 他にやりたい事を見つけた
  • もっと遊びたい

やはり、カルチャーショックのようなものを感じる人が多いみたいですね。

朝早く起きて、満員電車に揺られ仕事のノルマを背負い上司やお客さんに怒られ、夜遅くに帰宅。

家につけば、ご飯を食べて寝るだけの生活。
毎日がこれの繰り返し。

 
こんなの自分の想像していた生活じゃない

って社会人になった時は、誰でも感じることです。

辞めたいけど辞めれない人は以下の記事を読んでくださいね。
会社を辞めたいのに辞めれない時はどうしたらいい?円満退社の秘訣も伝授

20代の可能性

会社を辞めたいと思った時、20代というのは絶好のチャンスです。
なぜなら若さは武器だからです。

でもせっかくなので、どうせ辞めるなら次に就職するまでに手に職をつけてください。

若いからやり直しもききますし、これから先の人生に活かせる資格を持つことで生活も安定してきます。

会社は若い人材を求めています。
若い人は覚えが早いし、これから長い期間戦力になってくれるからです。

さらに資格があると面接でも有利になります。
ではどんな資格がこれから先、有利になるのでしょうか。

就職に有利な資格

ここからは持っていれば就職に有利、または仕事がたくさんある資格を調べてみました。
取れそうな資格もあれば難しい国家資格もあります。

でも何もないより、資格がある方が面接でも有利なのは間違いないです。

TOEIC

英語が出来る人材は企業も求めています。

特に外資系の会社なら海外の人と接する機会や海外への転勤もあるので英語を話す事が出来れば断然有利です。

英語は世界共通語です。
TOEICは履歴書にも堂々と書ける資格です。

最低700点以上あると就職には有利と言われています。

日商簿記

会社の経理はもちろんのこと、企業の経営や財政状態まで幅広い技能を身につける事が出来ます。

この資格を取得しておくと会社の要の部門に就職することが出来ます。

宅建

宅建とは宅地建物取引士という資格で主に不動産を扱う資格です。

国家資格の中でも合格率が低目と言われている難しい資格です。

それだけに持っていると有利です。

MOS

マイクロソフトオフィシャルスペシャリストの略でパソコンの資格です。

今ではパソコンを使わない会社はありません。

この資格を持っていると主にwordやexcel、powerpointなどのソフトを扱えるとアピールすることができます。

これらは会社では絶対使うソフトなので就職にはとても有利になります。


FP

ファイナンシャルプランナーの略です。

金融商品などの資産運用をする資格です。

お金に関する知識を身につけることで銀行や証券会社、保険会社など働く幅が広がるでしょう。

大型自動車免許

普通免許を取得してから3年経過していれば取得する事が出来ます。

この免許を持っていれば配送、引っ越しのトラック、ダンプカーなど大型車に乗って長距離を走る仕事も出来ます。

夜間の長距離運搬などは、お給料もすごくいいです。

最近は女性の大型ドライバーも増えてきましたね。

介護関係

高齢化社会を迎えた日本では重宝される資格です。

介護関係の資格は簡単なヘルパーから国家資格の介護福祉士、公的資格のケアマネージャー(介護支援専門員)とたくさんあります。

先にヘルパー2級の資格をとり、実務経験を3年積んでから独学で介護福祉士に挑戦する人もいます。

そこからさらに2年実務経験を積むとケアマネージャーを受験する事が出来ます。

介護福祉士の資格をとらなくても、介護の世界で5年の実務経験を積むとケアマネージャーの受験資格がもらえます。

介護関係の資格は持っておいて損のない資格ですね。

特に女性の方が長生きをするので、女性の介護士の方が喜ばれます。

いくら年をとっても、やはり男性に下(しも)の世話をしてもらうのは嫌ですからね。

社会福祉士

ソーシャルワーカーという国家資格です。

ハンディキャップのある人の生活を支えるのが主な仕事内容です。

介護施設や地域包括支援センター、児童相談所、母子生活支援施設など、働く場所はたくさんあります。

精神保健福祉士

これは精神を専門としたソーシャルワーカーです。

心に病を持つ人の生活を支えるのが主な仕事ですが、国家資格なので難しいです。

専門学校があるのでそこを卒業すれば実務経験なしで受験することが出来ます。

ストレス社会の現代ではメンタルケアが重要になってきているので需要のある仕事です。

看護師

これも専門学校を出た方が合格する確率が高い国家資格です。

看護師さんは、今人出不足なので働く場所はたくさんあります。

出産後も社会復帰はできますし、夜勤が嫌なら開業医や訪問看護など自由に働き方を選ぶ事ができます。
お給料も多めです。


まとめ

大学を卒業して一般企業に就職したけど、自分には合わない、人間関係が無理など、この先長く勤めていく自信がないなら早目に結論を出した方がいいです。

20代は転職するにはチャンスの年代です。
これから先、長く働く会社だからこそ、よく考えてください。

一度辞めたら辞め癖がつくとも言われますが、精神的によくない環境に身を置くことほど辛い事はありません。

我慢することも大事ですが、自分の限界を知ることの方が重要です。
でも転職をするには資格をとる方が有利だということも覚えておいてくださいね。

今回の記事があなたの参考なれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒会社を辞める理由は本音と建前どっちがいい?円満な辞め方も伝授!



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です