パワハラ上司を撃退するための物的証拠の集め方をご紹介!

一日のほとんどを過ごす会社。

その会社でパワハラを受けているとしたら・・・
想像するだけでも怖いですね。

パワハラを受けている人は、どこの誰に相談したらいいのか悩んでいる事でしょう。

辞める決心がついても、「自己都合」で辞めるなんて悔しくないですか?

あなたが退職しても、あなたを追い込んだ上司は、また新たな標的を見つけてパワハラを繰り返すかもしれません。

そうならないためにも上司のパワハラをハッキリ実証して認めさせましょう。

今回はパワハラ上司を撃退するための証拠の集め方をご紹介します。


パワハラに有効な証拠

一般的にパワハラを実証するために有効な証拠と言われているのが、パワハラを受けている時の声を録音した物やその場面を録画した物と言われています。

録音

ボイスレコーダーやスマホを使って、上司があなたに嫌味を言っている声や罵倒している声を録音します。

でも上司が急に発言しだしたら、難しいものがあります。

なので、いつでも録音できるように準備しておいてくださいね。

そういう意味ではスマホよりボイスレコーダーの方がいいかもしれません。

ボイスレコーダーだとボタンひとつでOK!

このタイプだとメモも残す事が出来ます。

ポケットに忍ばせて、上司がパワハラ発言をし始めたらボタンを押すだけ。

途中からになるかもしれませんが、しっかり証拠を録音する事が出来ますよ。

録画

録画も物的証拠としては有効なのですが、ちょっと難しいです。

スマホで録画していたら上司にばれますし・・・

こんな時は、あなたに同情している同僚に頼んでみましょう。

みんなが冷たい人ではないと思います。

少なくとも一人ぐらいはパワハラに反対している人もいるはず。

普段からパワハラについて悩んでいる事を相談しておく事も大事です。

みんなにあなたをパワハラしていることを知られたくない上司の場合は、誰もいないところでパワハラをしてくるかもしれません。

その時は他の方法で証拠をつかんでください。

出来なかった場合は?

録音も録画もできなかった

そんな人もいると思います。
でもまだあきらめないで!

ここからはそんな人のために、別の方法をご紹介します。

その他のパワハラの証拠の集め方

録音や録画が一番いいのですが、それが無理だった場合は他にどんな証拠が有効なのか?

これも気になりますよね。
ここからは誰でもできる証拠の集め方をご紹介します。

社内の相談窓口

社内に相談窓口がある会社もあると思います。

今はパワハラ問題も大きくなってきましたからね。

詳しくはこちらの記事にも書いているのですが
上司のパワハラはどこに相談すればいいの?パワハラ事例もご紹介!

コンプライアンス相談窓口やパワハラ相談窓口、労働組合です。

それがない人は人事や総務などに相談してください。

人事や総務はどこの会社にもありますよね。

この相談するというのは大事です。



相談すれば、相談に来た日にちや内容を記録します。

それは第三者の目撃証言と記録という2つの証拠を残すことになります。

何回も相談すればするほどいいです。

可能なら人事異動を申し出ることもおすすめします。

人事異動で違う部署に行けば、パワハラから逃れることもできますし、自主退職する事もなくなりますからね。

日記やメモに残す

これも一般的によく言われていますね。

「いつ上司に何を言われたか。」これを克明に残すことで証拠として役に立つと言われています。

でもこれは私的には、あまり有効的ではないと思います。

ねつ造しようと思えば出来ますからね。

上司も「言ってない」といえば有効な証拠にはならないと思います。

「言った言わない」「やったやらない」これが一番ややこしいです。

そうなるぐらいなら、他の証拠で残す方がいいと思いませんか?

もちろんあるに越したことはないので記録として残しておく方がいいとは思いますが。

社内のメールのやり取り

会社によっては社内メールで指示を出すところもあると思います。

そのようなメールは削除しないで、必ず残しておいてください。

そしてスマホに電話番号を登録すればラインにも出てきますよね。

ラインは個人的なやり取りなので、もしかしたら上司もここで言いたい放題のパワハラをしてくるかもしれません。

その時は必ず、残しておいてください。

ラインのやり取りは立派な証拠になります。

診断書

もし精神的に辛くなって病院に行った場合は必ず診断書を書いてもらってください。

パワハラによる不眠症、吐き気、下痢、情緒不安定、胃潰瘍など精神的なものからくる病気はたくさんあります。

自分が気が弱いから、神経質だからと自分を責めないで下さいね。

目撃証言

同僚や周囲の人は、あなたが怒鳴られているのを必ず見て聞いているはずです。

その人たちに証言してくれるように頼んでみましょう。

巻き込まれたくない人は断るかもしれません。

その時は名前を出さない約束で、声を変えて証言を録音することに協力してもらってください。

会社は上司の味方

上司の上の人に相談することも有効な一つの手段だと思います。

上の人がパワハラをしている上司に注意してくれたら、もしかしたら止めてくれるかもしれません。

でも会社はパワハラがあった事が公になると、労働基準監督署が入ってくるので、面倒な事は避けたいのが本音です。

なのであなたの訴えをもみ消してしまうかもしれません。

相談窓口や労働組合なら別ですが、上司の上の人に相談するのはどうかなって思います。

まとめ

今回はパワハラ上司を訴えるための証拠集めについてまとめてみました。

訴訟となれば証拠は必須です。

それも物的証拠です。

訴訟するという事は、上司だけではなく会社も訴えることになるので、それなりの準備をして臨んでください。

証拠はたくさんあればあるほど勝つ可能性が高まります。

泣き寝入りしないでパワハラ上司を撃退しましょう。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒職場の上司に無視される!これってパワハラになるの?



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です