ママ友との関係がめんどくさい!上手につきあっていく方法ってあるの?

子供が出来ると今までとは違った友達が出来ます。
それがママ友です。

学生時代とは違って、子供を通して知り合った友達なので自分が仲良くしたくて知り合ったわけではありません。

中には自分とは合わないママ友もいるでしょう。
そんなママ友に合わすのが辛い、陰で悪口を言われていると悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

出来れば付き合いたくないけど、無視する事も出来ない。

中にはボス的な存在のママ友もいますよね。
その人とは特に上手に付き合っていないと、自分がはみられてしまうかもって不安に思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、そんなめんどくさいママ友とうまくつきあっていく方法をお伝えします。


ママ友との出会い

子供が外で遊ぶようになると、自然と子供の友達のママと付き合っていかなければならなくなります。

自分と合う人ならいいですが、いろんな人がいるので全ての人が自分と合うとは限りません。

でも子供が遊んでいる以上、そのママとうまくやっていかなければいけないのが現実です。

ママ友と付き合うのが嫌だからと子供を家の中に閉じ込めておくわけにもいきませんからね。

ママの悩ましい問題です。
こんな時は、まず考え方を変える事が大切です。

「ママ友=めんどくさい」と先入観で思っている人が多いと思います。

その考え方を変えるのです。
ママ友の中には本当にいい人もいます。

全ての人がめんどくさい人たちばかりではありません。

子供を通して知り合ったとしても、これからどんどん年をとっていく中で一生付き合っていける人もいるかもしれません。

毎日、話したり家に行ったり来たりしているとその人の本質が見えてくると思います。
その時点で、一生付き合っていける人かどうか選別してください。

めんどくさいママ友

めんどくさいと感じるママ友の例をあげてみます。

  • 自慢話ばかりする
  • 他のママ友や先生の悪口を言う
  • 広く浅くたくさんのママ友を作る
  • 子供を通して家の事を探る
  • 深く仲良くなりたがる
  • 自分勝手
  • うざいぐらいラインやメールが来る
  • しょっちゅう高いランチに誘われる
  • 子供の習い事に一緒に習おうと誘う

これは私も経験があるのですが「家に遊びに来て」と誘われて行った事があります。
でも話す事は自分ちの自慢話ばかり。

「お水は必ず15分沸騰したお湯を冷やしている」
「うちの主人は銀行に勤めている」
「うちの子供は足がまっすぐだからバレエに向いている」
「私は○○大卒」
「今の主人と結婚を決める前にはすごくもてた」

など、どうでもいい話しばかり延々とされてただ黙って聞いているだけでした。

やっと解放されて家に帰った時は、ホッとした事を覚えています。
その後、その人とは距離を置くようにしました。

その人の子供もまた自慢話が多くて、私の子供も嫌っていました。
子供は親を見て育つと言いますが、まさにその通りです。


ママ友との付き合い方

めんどうくさいと感じるママ友とは、適度な距離を持って付き合うようにしましょう。

中にはいろんなママ友の悪口を言う人もいます。
それに同調すると、あなたが主犯のように広められたりする場合もあります。

中立の立場を守り、悪口を言い始めたら話題を変えるとか用事を理由にその場を去るようにしましょう。

ママ友の中には、合う人もいると思いますが基本は距離を置いて深い付き合いはしない方がいいです。

最初の出会いが子供を通してですから、自分から選んで知り合った人ではないからです。
なので浅く広く付き合っていた方が無難です。

子供が大きくなって違う学校に行けば、ママ同士の付き合いもそこで終わるのが一般的です。

また子供がある程度、大きくなって自分がパートに出ればママ友との付き合いも減っていきます。

そういう意味でも広く浅く付き合っていた方がいいです。

でも中には気が合うママ友もいます。
もしそんな人がいるなら、長く付き合っていけるように子供の学校が離れても、パートに出始めてもこまめに連絡を取って仲が切れないように大切にしましょう。

私もそんなママ友がいます。
お互い生活環境は変わったし、引っ越ししたので家も遠くなりましたが、たま~にランチに行きます(笑)

その時にはお互い止まらないぐらい話し続けます。
それがストレス発散にもなります。

まとめ

今回はめんどくさいと感じるママ友とのつき合い方をまとめてみました。

コミュニケーション能力の高い人なら、どんな人とでもうまく付き合っていけるのでしょうが私は苦手だし、自分の意思をはっきり言えないタイプなのでずいぶん悩みました。

同じように悩んでいる人は、今回の記事を参考にママ友と上手に付き合っていって下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒ママ友のトラブル事例をご紹介!仕返し方法や対処法はどうしたらいい?



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です