ネットビジネスで起業する始め方や考え方!雇われない人生の選択肢!

こんにちは。みゆりんです。

女性は結婚して、出産すると育休を取るか、退職かのどちらかになりますよね。

今は育休をとれる社会環境が整って来ているかもしれませんが、まだ今の日本の社会での女性の立場は低いのが現状です。

雇われるだけが仕事じゃない

女性がいったん、家庭に入り社会復帰するときはパートやアルバイトを探す人が多いのではないでしょうか?

正社員を探しても、子供が病気になったり保育園の送り迎えなどで、急に休まなければいけないと正社員で雇用してくれる企業は少ないです。

私が、会社勤めをしていたころは「寿退社」が当たり前の時代でした。

結婚はキャリアを捨てることでした。

女性の社会復帰は浦島太郎?

e52856c6f5bce584d6cacd3c18bccf1b_s
2,3歳違いで子供を産めば社会復帰するのは、10年後になります。

10年も家庭に入っていたら、もう浦島太郎状態ですよね。

正社員なんて及びではないので、近所でパート、バイトに出るしか選択肢はありません。

でも自分で起業すれば、自分の時間や都合に合わせらるので、自由度は大幅に増します。

雇われるだけが仕事じゃないんです。

起業は難しい

起業と聞くと、会社を作って人を雇って資本金がいるってイメージすると思いますが、自分ひとりで売上を上げれば、それも起業になります。

単発で売り上げるのは内職と同じなので、売り上げが継続するように仕組みを作ることが大事です。

企業って聞くと大変そうに思うかもしれませんが、売り上げが継続する仕組みを作るって思えばハードルは低くなりませんか?

ネットビジネスは、誰に雇われることもなく、インターネットを使って収入を上げることが出来ます。

 
ネットで起業することは簡単なんです。
 
えっ?資本金もいらないの?

そう!パソコンとネット環境さえあればすぐに始めることができます。

もちろん副業としても始めることができますよ^^

こう考えると、パートに出ることや人に雇われることがいかに愚かであるかということがわかると思います。

特に女性は、家事や育児があり男性みたいにどっぷり仕事に浸かれる立場ではないです。

だからこそ、ネットビジネスという選択肢を持ってほしいんです。

子どもの病気や行事に合わせて自由に自分の予定を組むことができるネットビジネスは、女性にとってまさに救世主のようなものです。

海外ではすでに働く場所を選ばないワークスタイルが始まっています。

日本はまだまだ遅れているので、職場に足を運んで何十時間か拘束されないとお給料はもらえません。

はやく海外のように、日本でも自由なワークスタイルが普及したらいいですね。

ネットビジネスに関心がある人は、以下の問い合わせフォームからお気軽に連絡してください。

>>>お問い合わせフォーム<<<



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です