シングルマザーの平均年収は?子供がいる場合は収入を増やすために副業を!

離婚する家庭が多くなった現在では、母親がシングルマザーとして子供を引き取る場合が多いです。

でもシンママの平均年収は男性には程遠い金額。

養育費をもらっているシンママならいいですがもらっていないシンママの場合は平均年収だけでは厳しい生活ですよね。

ただ、養育費も算出法があるので、たいした金額ではないです。

それにこの平均年収は、正社員の場合でパートやバイトだとここまでの収入はありません。

離婚した時がまだ正社員雇用の範囲ならいいですが、それを過ぎているとそれも無理になります。

そうすれば後はパートやバイトしか働くすべはありません。

シンママの年収で子供を養うには、まだ他にも仕事を増やさないといけないという事になります。

シンママひとりなら、これだけの収入でも贅沢しなければ生活していけると思います。

 
でももっと収入を増やしたい!

そんなシンママのために、今回はシンママに向いている副業をご紹介したいと思います。


シングルマザーの平均年収

厚生労働省が発表した「平成28年度全国ひとり親世帯」の調査でが母子家庭の平均年収が243万円だと発表しました。

父子家庭の場合は420万円だそうです。

これは正社員の場合だと思います。

手に職がある女性なら離婚してもすぐに次の仕事が見つかるのでしょうが、手に職がない女性の場合はパートやバイトしかありません。

今の会社は正社員を雇うほどの余裕がないのが現状ですからね。

パートだと厚生労働省が発表した平均年収なんてとてもじゃないけど稼ぐ事ができません。

それこそ、私のようにパートをいくつか、かけ持たないとまともな金額にはならないです。

でも男女でこれだけ差があるなんてすごいですね。

私もそうですが女性は結婚して妊娠すると仕事を辞める人もいます。

育児休暇を取れる職場ならいいですが、そうでないとマタハラにあったり子供が熱を出したという理由で休んだり早く帰ったりしていると、だんだん職場に居づらくなりますよね。

でも専業主婦の期間が長ければ長いほど、次の社会復帰も大変なんです。

この政府の調べた平均年収を見ていると、やはり子供は父親が引き取った方がいいのかとも思いますが、母親が子供を引き取った場合、父親は養育費を払います。

きちんとした会社で働いていてまともにお給料をもらっている父親なら養育費も払うでしょう。

でも定職にもついていない、さらに行方も分からない父親の場合は養育費をもらう事すら出来ません。

そうするとシンママは働いて得る給料のほかに国からの援助だけで生活することになります。



子供には教育費がかかります。

シングルマザ―の平均年収では、まともな教育は受けさせてあげれませんね。

これがパートやバイトならさらに無理です。

子供にかかる費用

一時期、話題になった子供が大人になるまでにかかる費用は公立と私立で違うと思いますが、ひとり約1000万~2500万円かかると言われています。

ひとりだけの子供ならいいですが、私の場合は3人いたので塾代だけでも大変でした。

国からの援助はまた別記事に書きますが、ひとりでも3人でも変わらないんです。

単純に3人いるから3倍というわけではありませんでした。

でもひとりだけ塾に行かせて、後の子供は塾にも行かせないというわけにもいかなくて同じように塾に限らず習いたいという事はすべてさせました。

あの頃は教育費だけで、8万円は超えていたと思います。

学校はすべて公立だったので習い事にかかる費用の方がすごかったです。

学校でも入る部活によってはユニフォーム代、部費、試合代など考えてもしない費用がかかります。

特に男の子は野球部に入りたがるのでユニフォーやグローブ、バット、シューズなどたくさんお金がかかりますよね。

私の長女は軟式テニス部に入ったのでユニフォーム代やラケット、シューズなど、結構お金がかかりました。

子供が小さい時の話になりますが、ヤマハ音楽教室に通っていた時に発表会は「みんなで服を合わせよう」というのが定番で、買った時もありましたが手作りした時もあります。

それだけでもお金はかかったんですが、大きくなるとその頃よりもはるかにお金がかかります。

私もシンママになってからは子供のエレクトーンの発表会には安い生地を買って手作りのドレスを作りました。

本屋さんで子供の発表会のドレスを見て、それに自分なりにアレンジしてフリフリでスパンコールをたくさんつけてキラキラにしました。

私はそれまで洋裁を習っていて、子供の服はたいてい手作りしていたんです。

それが役にたってよかったです(笑)

シンママにピッタリの副業

もうちょっと収入が欲しいシンママは副業をするしかありませんよね。

一番ぴったりなのは、前にもご紹介したブログをかく事です。
まだ読んでいない方は読んでみてくださいね。

シングルマザーの副業にピッタリのブログを書く方法をご紹介!

主婦はお役立ちネタをたくさん持っていますから、書くネタには困らないと思います。
まずは、記事をかく仕事(ライター)から紹介しますね。

登録は全て無料です。

クラウドワークス



ランサーズ



イラストが描ける人ならココナラ



手作りが得意な人にはミンネ



こんな風に自分の得意を家にいながら、お金に変える方法がたくさんあります。

これなら子供の側にいながら出来るし、自分の得意な事ならやる気も起こりますよね。

外で働くことばかりにとらわれないで、もっと視野を広げてください。

きっとあなたにピッタリの仕事が見つかりますよ。


まとめ

今回はシンママの平均年収とそれでは足りない人のために、ピッタリな副業をご紹介しました。

是非自分にピッタリな副業を見つけて、少しでも子供のそばにいてあげてくださいね。

お金がないからと子供がやりたい事を我慢させるのは可哀想だし、その子の伸びるかもしれない目をつんでしまう事になります。

後から後悔しても遅いですよ。

子供はあっという間に大きくなります。

今は子供のために精一杯にの事をしてあげてくださいね。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。みゆりんと言います。 サイトに訪問して頂きありがとうございます。 「毎日を楽しく明るく自分らしく」をモットーにしています。 自分が経験したことが誰かの参考になれば嬉しいです。 どうぞゆっくりしていって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です